育毛で悩んだときには「リジン」と「亜鉛」を同時摂取!その仕組みとオススメ摂取法

リジン

頭髪に関する悩みはさまざまですが、どれも「外見の雰囲気」に多大な影響を与えるもので、真剣に悩んでいる!という方も多いのではないでしょうか。

特に加齢と共に悩む方が増えてくるのが「薄毛」トラブルです。自宅で育毛ケアできる各種アイテムも非常に人気を集めています。

育毛や発毛と聞くと、頭皮に直接塗布する育毛剤の利用など、体の外側からアプローチすることを考える方も多いもの。しかし髪の毛が生えやすい環境を整えるためには、体の内側からバランスを整えていくことも重要なポイントとなっています。

アミノ酸の一種であるリジンは、育毛にも効果が期待できる成分として知られていますが、「亜鉛」と一緒に摂取することを推奨されるケースも少なくありません。「なぜなの?」と疑問に思う方に向けて、リジンと亜鉛の関連性や、育毛効果を高めたいと思ったときの摂取のコツ、また積極的な摂取をオススメしたいタイプについて紹介していきます。

育毛にリジンが良いとされる理由とは?

リジンで発毛促進・育毛
必須アミノ酸の一つであるリジンは、体の中でさまざまな働きをすることがわかっています。集中力アップや全身の疲労回復、カルシウムの吸収効率アップなどで、人間の健康的な生活をサポートしてくれています。

リジンに注目される効果の一つが「育毛効果」です。作用のメカニズムが明らかになるにつれて、薄毛で悩む人々から高く支持されるようになってきています。

リジンが育毛の良いとされる理由は2つあります。

まず一つ目は、「リジンはタンパク質を構成する原料の一つであり、髪や皮膚の修復にも深く関わっている」という点です。人間の髪はタンパク質から作られていて、リジンはこのタンパク質を作り出すために使われています。

しかし残念ながら、人間の生命維持機能をつかさどる各種内臓と比較すると、髪は優先順位が低いという現実があります。「心臓が動かなければ人間は死んでしまうけれど、髪がなくなっても死ぬわけではない」という理屈ですね。このため、体内でのタンパク質製造が追いつかなくなると、髪は真っ先に影響を受けやすい部位の一つだと言えます。

リジンを積極的に摂取すれば、髪の原料を効率よく補給し、健やかで艶やかな髪へと成長するためのサポートを行ってくれます。

「髪がどんどん細くなってきた」「せっかく生えてきても、途中で切れてしまう髪の毛が多い」といった悩みを抱いている場合には、リジンを摂取することで体内からのサポートを行える可能性も高いです。健やかに髪が成長し続けられる環境を、用意してあげましょう。

さて、リジンに育毛効果が期待できる理由は、もう一つあります。2つ目の理由は、「各種薄毛治療薬の効果を高めてくれるため」です。ロンドンの企業が発表した研究結果で、リジンに優れた発毛サポート効果が期待できることがわかっています。

専用クリニックなどにかかって薄毛治療に取り組む場合、医師の処方のもと、ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)といった内服薬が用いられるケースが多くあります。これらの内服薬と、リジンを同時に摂取すると、リジンの働きにより治療薬の効果を大幅に高めてくれるのですね。

治療薬とリジンの併用で生み出される相乗効果は、医学的にも証明されており、こちらを明らかにしたロンドンの企業により特許が取得されています。

つまりリジンは、単体で摂取することで髪の成長をサポートし、さらに薄毛治療薬と同時に摂取することでその効果を高められるというわけです。どのような方法で薄毛治療に取り組むのかは、本人の気持ちや薄毛の進行具合によって異なってきます。しかしどのような過程にあっても、リジンはその取り組みを効率よくサポートしてくれる栄養素だと言えるでしょう。

リジンの働きをサポートする亜鉛


人間の頭髪を深く関わっているリジンですが、リジン単体で摂取するよりも、そのほかの栄養素と一緒に摂取することで、より効果を高められることもわかっています。

リジンと同時摂取を積極的に検討したいのが「亜鉛」です。

亜鉛は人間の体にとって重要な役割を果たしているミネラルの一種です。頭髪との関連性も非常に高く、健康的な髪をキープするために、亜鉛は欠かせない栄養素となっています。

せっかくリジンを摂取しても、亜鉛がなければリジンは効率よく働くことができません。なぜなら亜鉛は、リジンが髪の元となるタンパク質へと変化する際に、「つなぎ」のような役割を果たしているからです。

どんなに頑張ってリジンを摂取しても、亜鉛が不足していれば、健康的な髪が作られるスピードは非常に遅くなってしまうというわけですね。

また亜鉛には、新陳代謝の活性化や、脱毛原因成分を生み出す5αリダクターゼという酵素を抑制する作用も期待できると言われています。

脱毛原因を元から抑制し、さらに新たな細胞をどんどん生み出すためのサポートも行ってくれるのが亜鉛の特徴です。

亜鉛不足に陥ると、薄毛だけではなく白髪の増加やくせ毛の悪化など、さまざまなトラブルを増大させてしまいます。髪の健康を全体的に守りたいと思ったときにも、亜鉛の摂取は有効な対策だと言えるでしょう。

日本人にはリジンや亜鉛が不足しやすいという現実


ここまで、リジンや亜鉛が人間にとって欠かせない栄養素であることを解説してきました。健やかな髪を守り育毛効果を高めたいときはもちろんのこと、毎日健康的に健やかな生活を送りたいときにも、両者は積極的に摂取したい栄養素です。

しかし残念ながらリジンと亜鉛は、日本人の食生活の中で不足しやすい栄養素として知られています。

まずはリジンについてですが、こちらは必須アミノ酸の一つで、残念ながら体内で合成することはできません。体内で働くリジンを確保するためには、食事やサプリメントから、毎日継続的に摂取し続ける必要があるのです。

ただしリジンには「米や小麦など穀物に含まれる量が少ない」という特徴やあり、肉や魚、卵や豆類などをバランスよく摂取することで、初めて必要量を確保できます。「忙しいから」という理由で食事の栄養バランスが崩れてしまうと、途端に推奨量の摂取が難しくなってしまうのですね。

一方で亜鉛も、一日に必要な亜鉛は成人男性で12mg~15mgと言われています。残念ながらこちらも体内で生成することはできないので、食事やサプリメントから摂取し続ける必要があります。

亜鉛が多く含まれる食材には、以下のようなものが当てはまります。

  • 牡蠣
  • かずのこ
  • 豚レバー
  • 牛もも肉

これらの中で日常的に摂取しやすい食材といえば「牛もも肉」ですが、亜鉛の必要量を満たそうと思うと、1日あたり300グラムも摂取しなければいけません。食事だけで継続的に摂取していくのは、非常に難しいと言えるでしょう。

また亜鉛には、以下のような特徴もあります。

  • ストレスを感じたときに、体内で消費される
  • アルコールを分解するために、体内で消費される
  • 仕事や運動で疲れたときに、体内で消費される

つまりストレスや疲労を溜めやすく、お酒を飲む機会も多い現代人にとって、亜鉛は体内で消費されてしまいやすい栄養素であるということ。髪の毛の生育をサポートするところまで、十分な亜鉛が供給されないことも予想されます。

リジンや亜鉛、お勧めの摂取の方法とは


髪の生育のために欠かせない栄養素であるにも関わらず、日本人の食生活では不足しがちなリジンと亜鉛。毎日の食事から両者を確実に満たそうと思うと、日々の食生活に対して、かなり気を遣わなければいけません。忙しい毎日の中で、「それは無理だ」と感じる方も多いことでしょう。

このような場合に活躍してくれるのが、リジンや亜鉛を必要量含んでいるサプリメントを活用するということです。サプリメントであれば、毎日の食事で不足しがちな栄養素を、効率よく補給することができます。

育毛目的でリジンや亜鉛の摂取を検討するなら、やはり育毛向けのサプリメントを活用すると良いでしょう。リジンや亜鉛、そのほか、髪の生育に必要な栄養素をバランスよく配合しているという特徴があります。「あれもこれも」と調整する必要がないので、非常に手軽に内側からのケアを実践できることでしょう。

もし、クリニックで処方された薄毛治療薬を摂取しているのであれば、サプリメントも同時に飲むのがオススメです。治療薬の効果を高めることで、理想の自分へと近付ける可能性もアップするはずです。

「まだ治療薬までは考えていないけれど、将来的なリスクを低下するためにも、栄養面でのサポートを行いたい」という場合には、空腹時を狙って摂取すると吸収率が高まると言われています。胃腸への負担は少し大きくなってしまいますが、食事の内容に邪魔されることなく、各種栄養素をダイレクトに届けられます。

一方で、できるだけ安心・安全な形で摂取したい!と思うときには、食後のタイミングを見計らって摂取してみてください。食事と一緒に吸収させることで、身体への刺激を低減できます。

必須アミノ酸はバランスを意識して摂取しよう

育毛効果を期待してリジンを摂取する場合には、必須アミノ酸の特徴についても頭に入れておきましょう。体内に摂取したリジンをきちんと働かせるためには、そのほかの必須アミノ酸もバランスよく摂取する必要があります。

それぞれのアミノ酸は複雑に絡み合って体内で作用しているため、どれか一つでも足りていない栄養素があると、そのほかのアミノ酸も充分に働けなくなってしまいます。

アミノ酸の仕事効率について考えるときには、いくつかの板を組み合わせて作った「桶」をイメージしてみてください。桶に水を入れようと思ったときに、板の大きさがバラバラの状態では、「一番小さい板」のところまでしか水を溜めることはできません。それ以上に水を入れても、どんどんあふれていってしまうだけです。

リジンを働かせるためには、リジンという板だけを大きくしても、あまり意味がないのです。それよりも、自分にとって不足しているアミノ酸を正しく見極め、「弱点をつぶす」という意識でバランスを整えた方が、高い効果が期待できるケースも少なくありません。

リジンや亜鉛で改善効果が期待できる薄毛のタイプ


近年、男女ともに薄毛に悩まされている方は非常に増えてきています。みなさん「なんとかしたい!」という気持ちで行動しているのは共通なのですが、実はその原因はさまざまで、正しくアプローチすることが薄毛改善への近道だと言われています。

リジンや亜鉛を積極的に摂取することで改善できる薄毛のタイプは、以下のようなものです。

  • 栄養不足による薄毛
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)

栄養バランスが乱れたり、加齢と共に食事量が減少したりして、それが薄毛の原因につながっているケースは、決して珍しくありません。食事のバランスを整え、リジンや亜鉛で髪の生育環境をサポートすることで、徐々に薄毛を改善できる可能性は高いと言えるでしょう。

またリジンや亜鉛は、男性型脱毛症や女性男性型脱毛症を含めて、さまざまな薄毛の対処法として使えることがわかっています。特にクリニックでミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)といった治療薬を処方されている場合には、薬の効果を高める作用で、効率的にアプローチできるでしょう。

男性の薄毛とは違って、女性の薄毛はまだまだ治療法が限られているという現実もありますが、リジンや亜鉛を上手に使えば、薄毛問題を改善へと導けるかもしれません。リジンも亜鉛も、髪だけではなく人間の体全体にとって必要な栄養素で、積極的に摂取しておいて損はない成分です。

「薄毛が気になり始めたけれど、積極的に治療をするのはちょっと……」という段階での、予防ケアとしてもオススメの方法です。

まとめ

食生活の変化やストレスの増加など、さまざまな原因が複合的に絡み合って、男女ともに薄毛に悩む人々は増加傾向にあると言われています。見た目年齢にも大きく関わるポイントですから、「なんとかしたい!」と思う方も多いことでしょう。

髪は体内から生えてくるものですから、健やかで健康的な髪を生やすためには、まず体の中の栄養バランスを整えていく必要があります。リジンと亜鉛は、そのための栄養素の一つ。しかも日本人にとっては、「どちらも不足しやすい」と言われていますから、より一層注意する必要があるでしょう。

毎日の食事の中でバランスよく摂取していくのが理想的ですが、それが難しいケースも少なくありません。このような場合には、無理をするのではなく「足りない分をサプリメントで補う」という考え方を取り入れてみてください。

身体の内側からの頭髪ケアは、すぐに結果が出るものではありません。まずは環境を整えることで、頭髪に関わる細胞がきちんと働けるようになります。しかしその「効果」は、「ある程度髪が成長するまでは実感できない」という特徴もあります。

リジンや亜鉛など、サプリメントを使った薄毛ケアを検討するのであれば、ぜひ短くても数か月間の継続を前提にチェックしてみてください。すぐに諦めるのではなく、長い目で見て頭髪ケアを行っていくことで、気になるコンプレックスを改善していけるのではないでしょうか。


育毛にオススメのリジンサプリメント

日本製のリジンサプリメントをお探しなら今一番オススメなのはモンドセレクションを3年連続受賞している毛髪診断士監修のL-リジンゴールドがオススメです。

1日あたり良質なL-リジンが1,000mg、亜鉛が12mgも摂取できるバランスの良い設計ながら海外製品よりも粒が小さめで飲みやすいので長く続けやすいというのも人気の理由ですね。

さらに約100日分の大容量で1日あたりおよそ35円と大変にお得です!

L-リジンゴールド

amazonや楽天でも販売されていますが、公式販売サイトではセールやメルマガクーポンなどを活用することでさらにお得に購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

累計売上150000本突破!口コミ総数なんと4000件以上!

タグ: , ,

リジン
リジンが集中力アップに効く!大人にも子どもにもオススメの理由とは?

仕事や勉強を効率よくこなしていくために、欠かせないのが「集中力」です。集中できないときには、何十分も …

リジン
その頭痛はヘルペスが原因かも?リジンで免疫力をサポートしよう!

日常生活の中で、突然やってくる頭痛に悩まされる方は、決して少なくありません。頭が痛くなりそうな予感が …

リジン
リジンは妊娠中に飲んでも大丈夫?妊婦さんとリジンとの付き合い方を解説

妊娠中は、普段の体とは異なるもの。またお母さんが摂取するものが、赤ちゃんに対してダイレクトに影響する …