なかなか取れない疲れの原因は肝臓?リジンで肝機能をサポートしよう!

リジン

人間の体の中で、非常に重要な役割を果たしているのが「肝臓」です。しかしその働きについて、私たちが普段意識することは、「ほぼない」と言えるでしょう。「知らない内に働いてくれていて、私たちの健康を守ってくれている」という感覚を持っている方が多いのではないでしょうか。

肝臓は私たちの健康を守るための重要な臓器だからこそ、日常的に感じている疲労感の原因が、「実は肝臓にある」というケースも、決して少なくありません。

肝臓が疲労すると起こり得る症状、肝機能が低下する原因、大切な肝臓を守るため、積極的に摂取したい「リジン」との関連性について説明していきます。「最近肝臓が疲れているな」「なんとなく体が重く感じる」など、自覚がある方はぜひチェックしてみてください。

まずは肝臓の役割を知ろう


まずは人間の体の中で、「肝臓」という臓器がどのような役割を果たしているのか、詳しい情報をチェックしてみましょう。肝臓は、以下のような目的で、体内で常に働いています。

代謝

肝臓が果たしている重要な役割、一つ目は「代謝」です。口から摂取した栄養は、肝臓の働きによって体内に蓄えられ、そして必要に応じてエネルギーへと変換されています。

口から摂取した栄養を体の中で活用するために、重要な役割を果たしている臓器としては、「胃」や「腸」が挙げられます。そこに「肝臓」までもが関係していると、意識している方は少ないかもしれません。

しかし実際には、胃や腸で体内へと吸収しやすい形に変えられた食べ物は、一度肝臓へと送られています。肝臓を通して、各種栄養は「人間が活用できる形」として、血管から各臓器へと送られているのです。

エネルギーや栄養を分解したり合成したりする作業のことを「代謝」と言い、何らかの理由で肝臓の働きが低下してしまうと、当然この作業もうまくいかなくなってしまいます。食べ物を摂取してもその栄養がうまく吸収できなければ、「疲れやすさ」や「体調不良」を実感しやすくなってしまうでしょう。

解毒作用

肝臓の働き、二つ目は「解毒作用」です。人間の体の中には、アルコールや薬物など、「有害物質」が持ち込まれるケースがあります。また経口摂取した食物を体内で消費する過程においても、こうした物質の発生をゼロにすることはできません。

体への影響を最小限にするためには、体内にある有害物質を、速やかに排除するための作用が必要となります。この働きを担っているのが肝臓で、肝臓内に集めた有害物質は、体への影響が少ない物質へと変えられ、尿と一緒に体外へと排出されているのです。

肝臓がうまく働かなくなれば、当然この解毒サイクルもうまく働かなくなってしまいます。体内の有害物質が除去されないまま長時間留まることになれば、体への影響も無視できないものとなってしまいます。肝機能の低下によってもたらされる異常は非常に多く、また人間の健康にダイレクトに関わってくる症状も多いものです。「何かが変だな」と感じたタイミングで、素早く適切な処置を行うことが大切です。

胆汁の生成と分泌

肝臓の働き、最後の一つは「胆汁」に関わるものです。胆汁には、脂肪の乳化やタンパク質を分解しやすくする働きがあり、脂肪の吸収に欠かせない物質と言えるでしょう。

コレステロールを体外へと排出するためにも、胆汁は欠かせない存在で、私たちの健康を守ってくれています。

このように肝臓は、人間が健康的な毎日を過ごすために非常に重要な役割を担ってくれています。それにも関わらず、何らかの異常が起きたときにも自覚症状が現れにくく、「沈黙の臓器」と呼ばれることもあります。症状が現れにくいからこそ、普段の生活の中で肝臓をいたわり、そして守る意識を持つことが大切です。

肝機能低下の原因と主な症状とは?


肝機能の低下をもたらす原因としては、以下のようなものが挙げられます。当てはまる点が多いと感じたときには、特に意識して肝機能を守っていくことが大切です。

  • アルコールの過剰摂取
  • 肥満
  • ストレス過多

これらの生活習慣に関する原因だけではなく、「ウイルス」が関連して肝臓の機能が低下してしまうケースもあります。何らかの異常を感じたら、病院で検査を受けることも大切です。

肝臓の機能が低下することで起こり得る症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 食欲の低下
  • 慢性的な辛い疲れ
  • お酒が美味しく感じられない
  • 足のむくみ
  • お腹のハリ
  • 黄疸

肝機能が低下している際の初期症状としては、「食欲の低下」「慢性的な疲れやだるさ」が挙げられます。このような症状が気になったとき、私たちは「睡眠不足」や「業務過多」など、別の原因へと目を向けがちです。

しかし実際には、沈黙の臓器である「肝臓」が関わっていることもありますから、両者の関連性についても、しっかりと頭に入れておきましょう。

リジンには肝機能をサポートする効果がある!


ここからは、「では具体的に、肝臓や肝機能を守るためにはどうするべきなのか」という点について解説していきます。人間にとって重要な臓器であるにも関わらず、肝臓には、「何らかの異常が起きているときでも、それに気づきにくい」という特徴があります。だからこそ普段の生活から、日常的に「肝臓を保護する」という意識を持つことが大切です。

肝臓に何らかの病気を抱えている場合には、それを治療することがもっとも大切なこと。しかしその前の「今後の病気を予防したい」という段階であれば、リジンが効果を発揮してくれます。ぜひ積極的な摂取を検討してみてください。

リジンとは、私たちにとって欠かせないアミノ酸の一種です。アミノ酸とは、人間のタンパク質を合成する際に元となる成分で、20種類が報告されています。アミノ酸の中には、体内で別の物質から合成することができる非必須アミノ酸11種類と、合成が不可能で体外から継続摂取するしか方法がない、必須アミノ酸9種類が存在しています。

リジンはこのうち、必須アミノ酸の方に分類されていて、特に積極的に摂取することが大切です。日本人の主食である「米」や「小麦」に含まれるリジンはごくわずかで、日常的な食生活の中で不足しやすいことがわかっているからです。

リジンには肝機能をサポートする効果が期待できると言われています。積極的に摂取すると良いでしょう。リジンを摂取することで、脂肪酸分解能力が高まれば、肝臓を保護する効果が期待できます。

またリジンには、積極的に摂取することで以下のような効果も期待できます。

  • 集中力アップ
  • 疲労回復効果
  • 成長をサポート
  • 美しく健やかな髪を育てる効果

人間の体にとって、リジンは必要不可欠なもので、これらの効果も体に嬉しいものばかりです。肝機能サポートはもちろんですが、そのほかの効果も期待して、イキイキとした生活ができるよう意識してみてはいかがでしょうか。リジンを摂取することで、それが可能になるかもしれません。

アミノ酸はバランスよく摂取しよう


肝機能をサポートするためにリジンを積極的に摂取しようと思ったときには、リジンの摂取だけに意識を集中するのはオススメできません。

それぞれのアミノ酸がその能力を発揮するためには、各種アミノ酸がバランスよく体内に存在している必要があるからです。

肝臓は日々の生活の中で、少しずつダメージを受けています。アルコールを摂取すれば、それを分解する過程において、肝臓がダメージを受けるのは仕方がないことなのです。またウイルスが原因でダメージを受ける可能性もありますし、肝臓に脂肪が蓄積し、その機能が低下してしまうこともあります。

このようなときのため、人間には、大切な肝臓を守るための保護機能が備わっています。肝臓の細胞がダメージを受けたときには、その修復が自然に行われるのですが、そのために使われるのが「タンパク質」です。

体内のタンパク質が豊富にあるときには、それを使って、人間は自然に細胞を修復することができます。しかしこのタンパク質が少ない状況の中では、修復しきれないまま、ダメージを蓄積していってしまい、それが少しずつ機能低下を引き起こしてしまうのです。

タンパク質を構成するのは、先ほどもお伝えしたとおりアミノ酸ですが、20種類のアミノ酸がバランスよく体内に存在していることで、初めてその能力を発揮することができます。

またリジン以外にも、肝臓の機能をサポートしてくれるアミノ酸はいくつかあります。

たとえばタウリンには、肝臓の解毒作用をサポートしたり幹細胞の再生をうながしたりする作用があります。それに加え、コレステロールの抑制作用も期待できます。

同じくアミノ酸の一種でもあるオルニチンにも、解毒作用を促す効果が期待できますし、スレオニンには脂肪肝の予防効果があるとされています。さまざまな側面から肝臓の健康を保つためにも、アミノ酸のバランスの良い摂取が重要です。

各種アミノ酸は、バランスの良い食生活の中で補っていくのが理想的です。各種アミノ酸をバランスよく含む食品を上手に活用することで、肝臓にとって優しい食生活を実践できることでしょう。

とはいえ、特に体内で合成することができない必須アミノ酸については、毎日継続的に摂取していく必要があります。そのためには、毎日の食生活にしっかりと気を配ることが大切なのですが、実際の生活の中では「なかなか難しい」と感じる方が多いのも現実でしょう。

アミノ酸が多く含まれている食品に関する情報を手に入れることはできても、食品の中に、実際に含まれているアミノ酸を目で確認することはできません。「バランスの良い摂取が必要」と言われても、実際に自分がどのアミノ酸をどの程度摂取できているのかは、把握できないものだと言えます。

こんなときにも、バランスの良い摂取をサポートしてくれるのが、各種アミノ酸サプリメントです。「アミノ酸が含まれているサプリメント」と聞くと、「筋トレをする人や、日常的に運動する人」をイメージする方も多いのかもしれません。しかし実際には、健やかな日常生活を送りたい方にとっても、アミノ酸サプリメントは力強いサポートをしてくれる存在です。

アミノ酸サプリメントにもさまざまな商品がありますから、ぜひ自分の生活を栄養面からサポートしてくれるものを選択してみてください。

肝臓を守る生活習慣も意識して


肝臓を守ることを意識するなら、アミノ酸によるサポートだけではなく、日常生活における生活習慣の改善も重要なポイントとなります。少しずつ生活習慣を改善していくことが、将来的に肝機能を守っていくことにもつながるでしょう。

具体的には、以下のような行動を意識してみてください。

  • バランスの良い食生活を意識する
  • ストレスを溜めない生活を意識する
  • アルコールはほどほどに
  • 血圧を適正に保つ
  • 定期的に肝臓の状態をチェックする

飲酒や食べ過ぎ、栄養バランスの崩れた毎日の食事は、肝臓に負担をかける原因になってしまいます。深酒を避けることはもちろん大切ですが、毎日お腹いっぱいになるまで食事をとるのもあまりオススメできません。

肝臓は体内で代謝の役割を担っていて、体内に取り込む栄養を処理しています。その量が多くなればなるほど肝臓の負担は大きくなってしまいますし、ダメージも蓄積されやすくなってしまうでしょう。栄養価の高い食品を腹八分目で摂取することが、肝臓のためには望ましいです。

また内臓肥満を伴う高血圧になると、年数の経過と共に、徐々に肝機能を低下させる原因になってしまいます。内臓肥満を防ぐと共に、血圧を安定させることも大切なポイントとなります。

どれだけ気を付けていても、肝臓の異常を正確に把握するのは難しいもの。だからこそ、定期的にその機能についてチェックすることも大切です。

まとめ

今回は肝臓の機能について、そして肝機能とリジンの関わりについて解説しました。肝臓は人間にとって非常に重要な役割を担っているからこそ、日常生活の中で、それを自然にサポートしていくことが重要なポイントとなります。

タンパク質の元となるアミノ酸の中には、肝機能をサポートしてくれるものが存在しています。リジンもその中の一つなのですが、このリジンは、体内で不足しやすいアミノ酸の一種として知られています。

特にリジンは「お米」や「小麦」に含まれる量が少ないため、こうした食品に偏った食生活を送っている方は、特に注意が必要です。

  • 朝はパンだけ
  • 昼食はラーメンを食べることが多い
  • 夕食も外食やレトルト食品などで済ませてしまいがち

このような食生活に思い当たる節がある方は、気付かないうちにリジン不足に陥っている可能性があります。リジンが多く含まれる肉類や魚類、大豆類などを上手に組み合わせるほか、サプリメントも活用していきましょう。

肝機能の低下の怖いところは、気付かないうちに誰もが陥っている可能性があるということです。アミノ酸によって日常生活の中でサポートする方法であれば、医薬品によるサポートのように、体に余計な負担をかけることもありません。若い内から意識するサポート法としては、非常に効果的だと言えるでしょう。

毎日をハツラツと過ごすためにも、リジンを含むアミノ酸は、非常に重要な役割を担っています。肝機能だけではなく、生活全体の質を高める意味でも、サプリメント摂取を検討してみてはいかがでしょうか。

タグ: ,

リジン
リジンが集中力アップに効く!大人にも子どもにもオススメの理由とは?

仕事や勉強を効率よくこなしていくために、欠かせないのが「集中力」です。集中できないときには、何十分も …

リジン
その頭痛はヘルペスが原因かも?リジンで免疫力をサポートしよう!

日常生活の中で、突然やってくる頭痛に悩まされる方は、決して少なくありません。頭が痛くなりそうな予感が …

リジン
リジンは妊娠中に飲んでも大丈夫?妊婦さんとリジンとの付き合い方を解説

妊娠中は、普段の体とは異なるもの。またお母さんが摂取するものが、赤ちゃんに対してダイレクトに影響する …