リジンと発毛・育毛促進の関係性

リジンで発毛促進・育毛
リジン

必須アミノ酸のひとつである「リジン」を発毛・育毛促進効果のあるものとしてイギリスの会社が米国特許を取得したのは、とてもセンセーショナルな出来事でした。

「リジン」の研究が進むにつれて、更に様々な効果が期待出来る必須アミノ酸として今も注目を集め続けています。期待されている「リジン」の様々な効果の中で注目を集めるキッカケとなった発毛・育毛促進効果について紐解いてみることにしましょう。

発毛・育毛促進効果が認められた米国特許の内容とは?

アルギニンとは?
まずは、1997年にイギリスのバイオ・サイエンティフィック社が米国特許を取得した内容とはどんなものであったのか確認してみることにしましょう。

この特許に関するレポートによりますと、様々なタイプの薄毛や抜け毛に悩んでいる方たちを対象として研究データを集めたことが分かります。対象者の中には、ジヒドロテストステロンという強力な脱毛作用のある男性ホルモンなどによる男性型脱毛症AGAの患者も含まれています。

一日当たり500~1,500mgのリジンと一緒に鉄分や亜鉛などのミネラルとビタミン成分を2~3回に分けて経口摂取した結果、男性・女性共に著しい改善が見られたと報告されています。

また、AGAについては、従来の治療方法にリジンの経口摂取を加えることで治療の有効性が飛躍的にアップしたとも報告されています。

血管拡張薬として開発されたミノキシジルは、育毛効果が確認されたため転用して発毛剤として使われるようになりました。このミノキシジルや男性ホルモンの働きを抑制する抗アンドロゲン薬に「リジン」を合わせて摂取することで、発毛・育毛効果がアップすると報告されています。

また、女性被験者グループの結果として、次のような結果が報告されています。

ミノキシジルのみのグループ
改善された:52.9%、変化なし:35.3%、悪化した:11.8%
ミノキシジル+抗アンドロゲン薬を合わせて摂取したグループ
改善された:73.9%、変化なし:20.0%、悪化した:6.1%
ミノキシジルに「リジン」を合わせて摂取したグループ
改善された:100%
ミノキシジル+抗アンドロゲン薬に「リジン」をプラスしたグループ
改善された:100%

「リジン」を取り入れることで、改善率が100%になったというデータに驚かれる方も多いのではないでしょうか?こうしたデータを見ると「リジン」の発毛・育毛促進効果への期待が高まるのも当然と言えるでしょう。

毛髪とアミノ酸の関係


発毛・育毛促進に「リジン」が深く関わっていることが分かりましたが、もう少し毛髪との関係を詳しく見てみることにしましょう。

毛髪の主な成分は、タンパク質ということは既に多くの方がご存知ですが、毛髪は80%~85%がタンパク質で出来ています。残りの成分は、水分11%~13%、脂質1%~6%、メラニン4.5%となります。

また、毛髪のタンパク質の内80%~90%がケラチンタンパク、10%~20%が非ケラチンタンパクになります。ケラチンタンパクとは、18種類のアミノ酸が結びついて出来たタンパク質になります。ケラチンタンパクを構成するアミノ酸の中ではシスチンの割合が最も高く全体の14%~18%を占めています。「リジン」の割合はおよそ2.5%ですが必須アミノ酸ですので毎日欠かさず摂取することが大切になります。

髪や爪は硬ケラチンタンパク、皮膚や角質層は軟ケラチンタンパクで構成されています。

いずれにしても毛髪を作るのにアミノ酸は欠くことの出来ない材料と言えますが、アミノ酸が不足してしまうと、本来の毛髪のアミノ酸の組成で毛髪を作り出すことが出来なくなりますので、本来の毛髪の組成とは異なる毛髪が作り出されることになってしまい、毛髪のトラブルを引き起こしてしまうことになります。

ケラチンタンパクと髪の関係


ケラチンタンパクについてご存知の方も多いとは思いますが、ケラチンタンパクと髪の関係についてもう少し詳しく見ておくことにしましょう。

髪が硬い人もいれば、柔らかい人もいます。どうして髪の硬さが人によって違うのか不思議に思ったことはありませんか?その鍵を握っているのがケラチンタンパクになります。

まずは、髪の構造がどうなっているのか確認しておきましょう。髪の中心部にメデュラ(毛髄質)、その周りにコルテックス(毛皮質)、その外側にキューティクル(毛小皮)という3重構造になっています。

髪の硬さを決めているのは、ひとつはコルテックスの部分のケラチンタンパクの密度によります。つまり、ケラチンタンパクの密度が高ければ高いほど硬い髪になり、ケラチンタンパクの密度が低ければ低いほど柔らかい髪になります。密度が高い髪は吸水性が低いため強度が高くなります。これに対して密度が低い髪は吸水性が高くなる反面強度が低くなってしまいます。

髪の硬さを決めるもうひとつの要素は、キューティクル部分の枚数の数になります。キューティクルの枚数が多ければ髪は硬くなり、外からの刺激を受けにくくなります。逆にキューティクルの枚数が少なければ髪は柔らかくなり、外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

キューティクルは、ある意味鎧の様な役割を果たしていると考えて頂けると分かりやすいのではないかと思います。そして、この枚数の多さによって髪の太さも決まってくることになります。枚数が多ければ髪は太くなり、枚数が少なければ髪は細くなります。

髪の太さ、硬さと薄毛の関係


それでは、髪の太さ、硬さは薄毛と関係あるのでしょうか?

髪の太さや硬さが髪の主な構成成分のケラチンタンパクと関係があると言われると気になってしまう方もいらっしゃるかも知れません。

生まれつき髪が細い人や柔らかい人が薄毛になりやすいかというと、そうとは言えません。

むしろ、元々太かったり硬かったりした髪が、急に細くなってしまったり、柔らかくなってしまったりするのは注意が必要です。その場合は、髪のサイクルが短くなってしまっている可能性があります。つまり十分に髪が成長することが出来なくなってしまっている可能性があるという事になります。その場合は、薄毛や脱毛の兆候の場合もあります。

生活習慣の乱れ等が原因で髪が細くなってしまった場合は、生活習慣を見直すことで髪の健康を取り戻すことは可能ですので、早い段階で対応することは重要なポイントになって来ます。

そうした生活習慣の見直しと共に発毛・育毛促進効果が期待されている「リジン」を積極的に摂取するのもおススメです。

ただし、年齢と共に髪が細くなってしまうことは自然なことですので、あまり神経質になり過ぎないことも大切です。

毛髪は皮膚細胞が変化して出来たもの?

アミノ酸のことどこまで知ってますか
毛髪とアミノ酸の関係について見て来ましたが、毛髪を育てる元とも言える頭皮との関係について確認しておくことにしましょう。

ご存知の方も多いとは思いますが、毛髪や爪は皮膚細胞が変化して出来たものになります。そのため、毛髪の元とも言える頭皮との関係が良好であることは、健康な髪を育てるために欠かすことの出来ない条件になって来ます。

髪が成長する過程について見ておくことにしましょう。毛髪には、頭皮から外側に伸びている毛幹部分と、頭皮の内側にある毛根部分があります。この毛根部分をカバーするように毛根鞘があります。その毛根鞘の外側に毛包があります。この毛包の下の部分にある毛母細胞が分裂して増殖することを繰り返しながら髪が伸びて行きます。そして毛母細胞の下側にある毛乳頭が毛細血管とつながり、血液から栄養を吸収して毛髪の成長に必要なものを毛母細胞に供給して行きます。

健康な髪を育てるためには、十分な栄養を吸収することが必要になって来ます。その栄養を吸収するためには、頭皮の血行が良いことが重要なポイントになります。健康な髪には、健康な頭皮が欠くことの出来ない条件と言うことが出来るのではないでしょうか?

頭皮の健康が髪の健康につながる


頭皮の健康が髪の健康につながる仕組みについてもう少し見てみることにしましょう。

頭皮には、沢山の毛細血管とリンパ管があるため、頭皮の血流量は体の中で最も多いとも言われています。

また、髪は、副交感神経の働きによって成長ホルモンの分泌が盛んになる睡眠中に伸びる仕組みになっています。けれども、頭皮全体の血液の流れが悪くなってしまうと毛根に十分な栄養が届かなくなってしまい、髪が正常に成長することが出来なくなってしまいます。

その結果として、薄毛や脱毛と言った髪のトラブルが起こってしまうことにもなります。つまり健康な髪を育てるには、健康な頭皮であることが重要なポイントになって来ます。頭皮の健康状態は、簡単に知ることが出来ますので、時々チェックされることをおススメします。

健康な頭皮は、頭皮内部にある毛根部で作られている、新生毛(新たに生えた毛)が透けて見えるため、青白い色をしています。

もし、頭皮の色が黄色だったり、赤みを帯びた色だったりした場合は、健康な状態とは言えませんので、十分な休息や栄養を取られることをおススメします。

頭皮の健康のために


それでは、頭皮の健康のためにどうすれば良いのでしょうか?

睡眠不足は、頭皮の健康にとっても、髪の健康のためにもNGです。睡眠中に頭皮の細胞や毛母細胞の修復が行なわれ、新たな細胞が生み出される仕組みになっています。午後11時頃~午前0時までの間に就寝して、午前6時頃~午前7時頃の間に起床するのが理想と言われています。そうは言っても、毎日忙しく過ごしている人にとってこの時間帯に必ず睡眠をとるのが難しいことも多いのではないでしょうか?

そんな方は、遅くとも成長ホルモンが活発に分泌される午前2時までには就寝するようにされることをおススメします。レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは90分と言われていますので、90分の倍数を睡眠時間の目安とされると、質の高い睡眠をとることが出来るでしょう。質の高い睡眠のためにも、就寝前にPCやスマートフォンを見てしまうと、交感神経が優位になってしまいますので、なるべく控えるようにすることをおススメします。

また、バランスの取れた食事も欠くことの出来ない条件です。皮膚も毛髪と同様タンパク質が主な構成要素となっていますので、アミノ酸不足がある場合は、積極的に補うようにすることをおススメします。

ストレスが溜まってしまうと交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、睡眠障害など様々なトラブルが起こってしまうようになります。また、ストレスによる緊張状態が続くことで身体がリラックスすることが出来なくなってしまい、血行が悪くなってしまいます。そうならないためにも、十分な休息とリフレッシュを積極的に取るようにしたいものです。

頭皮の洗い過ぎや、誤ったドライヤーの使い方も頭皮の健康を損なう要素になります。正しい頭皮のお手入れ方法をマスターすることは、頭皮の健康にも髪の健康にも直結すると言えそうです。

一部分の健康ではなく身体全体の健康に作用するものがベスト

医療を支えるアミノ酸
健康な髪を育むために必要なことをまとめると次のようになります。

  • 髪の主要成分であるアミノ酸が全て揃っていること。
  • 主要成分等の栄養を吸収するためには、頭皮の血行が良いことが大切。
  • 髪の健康には頭皮の健康が重要。
  • 頭皮の健康のためには、質の高い睡眠、成長ホルモンの分泌、バランスの取れた食事、ストレスの軽減、正しいお手入れ方法が重要。

結局のところ、髪の健康だけにフォーカスするのではなく、身体全体の健康を維持することに努めることが重要と言えるのではないでしょうか?

そう言った意味では、必須アミノ酸のひとつである「リジン」が発毛・育毛促進効果が期待出来るものとして注目されていることもごく自然なことと言えそうです。

発毛・育毛促進効果以外に「リジン」に期待される効果として、次の様な効果があげられています。

  • 体の細胞の修復・再生の促進
  • 疲労回復
  • タンパク質、カルシウム、ブドウ糖の吸収
  • 肝機能向上
  • ヘルペスの改善と予防
  • 血管を強く丈夫にする
  • 脳の活性化
  • 酵素分解酵素リパーゼを活性化しダイエットサポート
  • コラーゲンの生成

実に様々な効果が期待されています。どれも身体全体の健康を保つのに重要な効果ばかりではないでしょうか?

必須アミノ酸の特徴


最後にご存知の方も多いとは思いますが、必須アミノ酸の特徴について確認しておくことにしましょう。

必須アミノ酸の特徴として2つあげることが出来ます。ひとつは、体内で生成することが出来ないという点と、もうひとつは必須アミノ酸には9種類ありますがどれかひとつ欠けても、タンパク質としての栄養価の価値が下がってしまう点にあります。

全ての必須アミノ酸が十分にそろっている状態を100とします。その中でどれかひとつの必須アミノ酸が必要な量の30%しか満たしていなければ、必須アミノ酸はこの最も低い数量の状態30にまで下がってしまいます。

つまり、タンパク質を生成するためには、必要な部品である必須アミノ酸が全て揃う必要があるということになります。他の部品が100%充足していても、ひとつの部品が必要な量の30%しか満たしていない場合は、本来必要な量の30%までしかタンパク質を生成することが出来ないということになります。つまり、こうしたタンパク質の生成不足が慢性化してしまうことで、肌荒れや髪の発育不良などが起こってしまうことがあります。

「リジン」は必須アミノ酸の中でも特に不足しやすいものと言われていますので、積極的に摂取することで、身体全体の健康と髪の健康が期待出来る注目の栄養素と言えるでしょう。


育毛にオススメのリジンサプリメント

日本製のリジンサプリメントをお探しなら今一番オススメなのはモンドセレクションを3年連続受賞している毛髪診断士監修のL-リジンゴールドがオススメです。

1日あたり良質なL-リジンが1,000mg、亜鉛が12mgも摂取できるバランスの良い設計ながら海外製品よりも粒が小さめで飲みやすいので長く続けやすいというのも人気の理由ですね。

さらに約100日分の大容量で1日あたりおよそ35円と大変にお得です!

L-リジンゴールド

amazonや楽天でも販売されていますが、公式販売サイトではセールやメルマガクーポンなどを活用することでさらにお得に購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

累計売上150000本突破!口コミ総数なんと4000件以上!

タグ: , ,

リジン
リジンが集中力アップに効く!大人にも子どもにもオススメの理由とは?

仕事や勉強を効率よくこなしていくために、欠かせないのが「集中力」です。集中できないときには、何十分も …

リジン
その頭痛はヘルペスが原因かも?リジンで免疫力をサポートしよう!

日常生活の中で、突然やってくる頭痛に悩まされる方は、決して少なくありません。頭が痛くなりそうな予感が …

リジン
リジンは妊娠中に飲んでも大丈夫?妊婦さんとリジンとの付き合い方を解説

妊娠中は、普段の体とは異なるもの。またお母さんが摂取するものが、赤ちゃんに対してダイレクトに影響する …