シトルリンの注目すべき効果とは?

医療を支えるアミノ酸
シトルリン

運動前にアミノ酸ドリンクを補給することで、疲れにくくなったり持久力がアップしたりすることはかなり前から言われていますので、既に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

ドラッグストア、コンビニエンスストア等、どこでも手軽にアミノ酸ドリンクやサプリメントを手に入れることが出来ます。

スポーツ面や健康面のサポート役として最近注目されているスーパーアミノ酸のひとつ「シトルリン」ですが、男性としての自信回復効果にも注目が集まっています。

昼も夜も元気に過ごしたい!そう思っている方におススメの「シトルリン」の注目すべき効果について探ってみることにしましょう。

 

シトルリンとは何?

シトルリンはスイカから発見されました。
まずは、「シトルリン」について簡単に説明しておくことにしましょう。

「シトルリン」が発見されたのは、今から約80年前の1930年になります。発見したのは日本人の学者で、スイカの成分を研究していた際に見つけられました。名前はスイカの学名である「Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)」に因んで命名されました。

日本の夏の風物詩のひとつともいえるスイカから発見されたことに、何となく親しみを感じてしまいませんか?

この「シトルリン」は、スイカの他にも、キュウリ、メロン、苦瓜、へちまなどのウリ科の植物に多く含まれています。中でも、スイカの原種と言われているカラハリ砂漠のスイカの葉に最も多く含まれていると言われています。雨もあまり降らない上に、強烈な陽射しの下で枯れることなくこの砂漠のスイカが自生することが出来るのは、葉に大量にある「シトルリン」のお陰と言われています。

砂漠に植物を植えるとほとんどの植物は枯れてしまいますが、それは水分を取り込むことが出来ない上に強い陽射しを浴び続けると、植物自体が毒性の強い「活性酸素」を放出するようになり、その「活性酸素」の毒に負けてしまって枯れてしまうのだそうです。

この「活性酸素」に対応して撃退することが出来るのが、砂漠のスイカの葉に蓄えられている「シトルリン」になります。砂漠のスイカはこの「シトルリン」によって、厳しい自然環境の下で自らが発生してしまう毒性の強い「活性酸素」を撃退することによって、自生し続けることを可能にしています。いわゆる自浄作用を備えている植物と言えるのではないでしょうか?

人も毎日の生活の中で「活性酸素」を発生させてしまっていますが、発生する活性酸素の量が多すぎて無毒化することが出来ない場合、様々な不調を引き起こしてしまうことになります。人間にも元々活性酸素を無毒化する「スカベンジャー(抗酸化物質)」がありますが、砂漠のスイカにとって「シトルリン」は差し詰めスカベンジャーということになりそうです。

化学的に説明すると、アミノ酸の一種で、化学式は H2NCONH(CH2)3CH(NH2)COOH になります。 L体は、スイカのしぼり汁、ウリ科植物の種子中に存在しています。L-オルニチン銅塩に尿素を作用させることで「シトルリン」が生じます。柱状晶で、分解点は234~237℃になります。生体内において、オルニチン、アルギニンと共に尿素生成サイクルの中間体として働いています。 DL体は、L-アルギニンをアルカリと煮沸することで生じます。分解点は220~221℃になります。

 

シトルリンの期待される効果「男性としての自信回復」

シトルリンで男性の自信を回復
男性の悩みとしてあげられることが多い「男性としての自信」を回復する方法として注目されている「シトルリン」ですが、その効果について探ってみることにしましょう。

まずは、男性を悩ませている「ED」が起こってしまう仕組みや原因について探ってみることにしましょう。

EDの原因としては、「心的要因」、「器質性要因」があります。

「心的要因」としては、精神的ストレスによるもので、ストレスの原因は人によって様々なものがあります。心的要因の場合は、性的刺激を受けても脳からシグナルが発信されないことで、EDが起こってしまいます。

「器質性要因」としては、動脈硬化が起こってしまうことで血流が悪くなることが主な原因になります。

本来であれば性的刺激を受けて脳からのシグナルが発信されて十分な血液が流れ込むことになるのですが、動脈硬化が起こってしまっている場合、脳からシグナルが発信されても血管が広がらず十分な血液が流れ込むことが出来ないためにEDが起こってしまいます。

そのため、糖尿病、高血圧、肥満、高脂血症などのいわゆる生活習慣病にかかっている方がEDになりやすいと言われていますが、これらの症状がある方が動脈硬化を起こしているケースがとても高いためです。

また、脳出血、脳外傷などの神経にかかわる病気や前立腺肥大症など泌尿器系の病気の方もEDになりやすい傾向にあります。

EDの原因の内、「器質性要因」の場合は、「シトルリン」を摂取することで血管が拡張して血流量が改善されますので、効果が期待出来ます。

また、「心的要因」の場合も、「シトルリン」を摂取することで、脳への血流量が増えることで、やる気がアップしたり、前向きな気持ちになったりすると言われていますので、ストレスの軽減に役立ちますので、試してみる価値はありそうです。ストレスが解消されれば、脳からシグナルが発信されるようになることに期待出来るのではないでしょうか?

これらの効果について更に詳しく見てみることにしましょう。

 

シトルリンの期待される効果「動脈硬化の予防」

「シトルリン」が男性としての自信を回復すること、つまり器質性要因のEDの原因である「動脈硬化」の改善効果について詳しく確認してみましょう。

最近では「未病を防ぐ」という考え方が広く行き渡って来ていますが、「シトルリン」には未病を防ぐための期待される効果として「動脈硬化の予防」があげられています。そのため、男性のみならず、健康を気遣う女性からも注目を集めています。

身体の隅々まで巡って酸素や栄養素を運んでいる血管ですが、健康を維持するためには「血管の健康」は重要なポイントになります。

血管が硬くなってしまって内側が狭くなってしまったために、血管が詰まりやすくなってしまった状態のことを「動脈硬化」と言いますが、これによって様々な不調が起こりやすくなってしまいます。動脈硬化の恐ろしいところは、本人の自覚症状がないまま進行してしまい、気が付くと心臓や脳に関連する重篤な病気の引き金になってしまう点にあります。まさにサイレント・キラーのような怖さのあるものと言えるのではないでしょうか?

そうしたサイレント・キラーともいえる動脈硬化を予防するのに「シトルリン」は大いに期待されています。

「シトルリン」を摂取すると体内でアルギニンに変化し、血管内で「一酸化窒素」の発生を促進し高めるという作用があります。そして、この一酸化窒素には血管を拡張するという働きがあります。つまり、血管が拡張されることによって血液の流れがスムーズになり、十分な酸素や栄養が身体全体に充満することになります。また、一酸化窒素には血管壁にコレステロールや血球の付着を防ぐ効果もありますので、動脈硬化自体を予防することが期待出来ます。

血管の柔軟性を保つために「シトルリン」を定期的に摂取することは、「動脈硬化」を防ぐばかりでなく、動脈硬化によって引き起こされる心疾患や脳の疾患も防ぐことも期待出来ます。

これほどの効果が期待されている「シトルリン」ですので、器質性要因のEDへの効果の程が高いのも納得ですよね。

 

シトルリンの期待される効果「冷えの改善」

動脈硬化を起こしてしまう原因として、いわゆる生活習慣を真っ先に思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

けれども、動脈硬化を起こしてしまう原因には、「冷え」も大きく関わっているのです。実は、冷えた状態が続いてしまうと血流が悪くなってしまって、次第に動脈が硬くなってしまって行くと言われています。スポーツをしている方ならお分かり頂けると思いますが、スポーツをする前のウォーミング・アップにかける時間は、暖かい時期よりも寒い時期の方がかかってしまうものです。血管も冷えによって柔軟性が失われていくのは、想像出来るのではないでしょうか?

以前は、冷えというと冬場で女性の悩みというイメージでしたが、今ではエアコンの普及によって夏でも冷えに悩まされている人が多くなっています。そのため、男性でも冷えに悩まされている人が増えてしまっています。

「冷え」の改善にも血管を拡張して血流を良くするlことが出来る「シトルリン」を取り入れることで改善されることが多いに期待出来ます。けれどもせっかく、「シトルリン」を積極的に摂取しても冷えが起こってしまう原因を取り除いたり緩和したりしなければ、「シトルリン」の効果も半減してしまいかねません。

そこで、「冷え」が起こってしまう仕組みや原因について簡単に確認しておくことにしましょう。

まずは、「冷え」が起こってしまう仕組みからみてみることにしましょう。

人間の生命を維持するために重要なものとして「酵素」が注目されるようになりました。この酵素が活動するために必要な温度は37℃と言われていますが、ご存知の方も多いと思います。そして、この酵素は身体の中心にある内臓に存在しています。そのため、身体の中心を常に37℃に保つことが出来るように体温が調節される仕組みになっています。

暑いときには手足や皮膚表面などの血管を拡張して血流を増やしたり、汗を出したりすることで熱を逃がして身体の中心を37℃に調整します。

寒いときは、手足や皮膚表面などの血管を収縮させることで熱の拡散を防ごうとします。そのため、手足への血流が悪くなってしまい冷えてしまうようになります。さらに冷えが進んで寒さを強く感じるようになるとブルブルと身体が震えるようになりますが、これは筋肉を動かして熱を作り出そうとしているために起こります。

次に「冷え」が起こってしまう原因についてみてみることにしましょう。

「冷え」が起こってしまう原因としては、体質的な要素も関係していますが、それよりもむしろ毎日の生活のなかで冷えにさらされる状態が日常化してしまい、冷えた状態が積み重ねられていることが原因となっているケースが多くなっています。

この冷えた状態が日常化して慢性化した状態のことを、東洋医学では「積冷」と呼んでいます。エアコンの普及や衣服・食生活の変化、それに夜型の生活やストレスの増大も影響して現代人は冷えを感じやすくなっています。

「シトルリン」を日常的に摂取することで一酸化窒素が発生し、血管が拡張されて血流がアップし、冷えを改善することは期待出来ます。けれども、それと合わせて日常化して慢性化してしまっている冷えを作りだしている状況に対する改善も合わせて行なうことが大切になって来ます。

 

シトルリンの期待される効果「脳の機能向上でやる気アップ」

心的要因のEDの改善の可能性として、「シトルリン」を摂取することによって「脳」への血流が改善されることで期待される効果として前向きな気持ちが出て来て、やる気が向上することをあげさせて頂きましたが、「脳」の血流が改善されることによって、期待出来る様々なプラス効果はそれだけではありません。どんなプラスの効果が期待されているのか見てみることにしましょう。

脳が十分に機能するためには、大量の酸素と栄養が必要と言われています。脳の酸素消費率は全身のおよそ20%~25%、つまりおよそ4分の1が脳で使われていることになります。また、脳は酸素を蓄えることが出来ませんので、絶えず供給し続ける必要があります。そのため、血液が滞りなく脳に流れ続けることはとても重要なことになります。

酸素不足が起こってしまうと真っ先に影響を受けるのは大量に酸素を消費している脳と言われています。そのため、何となく物事に集中することが出来なかったり、やる気が起きなかったりする場合、その原因は脳の酸素不足にあるかもしれません。脳の酸素が不足してくるとイライラし始めたり、眠気や疲れなどを感じたりするようになると言われています。

そんな時には、意識して深呼吸をしたりすることで、一時的な脳の酸素不足を解消することは可能です。また、あくびが出始めるのは、血流不足による脳の酸素不足のサインであると同時に酸素を呼吸によって自然に取り入れるようにするためと言われています。

意識して呼吸を行なうことによって酸素を取り入れることも大切ですが、それと合わせて血流不足による酸素不足も同時に解消することは、脳の機能をより効率よく稼働させるために大切なことと言えそうです。

ある研究機関による実験結果によると、実際に「シトルリン」を3週間摂取したグループと「プラセボ(偽薬)」を3週間摂取したグループでは、集中力や記憶力の体感指数が1.5倍~1.8倍の差が報告されています。更に、疲労度においても血流が増加するに従って被験者自身が感じる疲労度は大きく軽減されています。

「シトルリン」の注目すべき効果についてご紹介して来ましたが、今回ご紹介した効果以外にも「アンチエイジング効果」や「むくみ改善効果」など様々な効果が期待されています。日本では2007年から健康食品としての使用が認められた比較的新しいものになりますが、欧米では発見された1930年代から既に医薬品や健康食品として使用されていますので、安心して摂取頂くことが出来ます。

昼も夜も元気に過ごしたい!そう思っている方は、「シトルリン」による血管拡張効果と血流量の改善を試してみてはいかがでしょうか?


活力向上にオススメのシトルリンサプリメント

本当に効果を実感できるシトルリンサプリメントをお探しなら今一番オススメなのはモンドセレクション銀賞受賞の日本製サプリメントシトルリン皇帝王がオススメです。

1日あたりL-シトルリンが1,000mgも摂取できるほか、スッポンやマカ、亜鉛、高麗人参、クラチャイダムなど厳選された高級素材がふんだんに配合されています。

さらに今なら2本以上セットで購入すると通常より1本あたり600円もお得です!

シトルリン皇帝王

公式販売サイトで定期的に開催されるセールやメルマガクーポンなどを活用することでさらにお得に購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

1000件以上の口コミ数と専門調査会社の成分鑑定書が人気と信頼の証!!

タグ: ,

シトルリン
シトルリンで痛風対策!生活習慣の改善とサプリメントを取り入れよう!

現代人の中には、辛い痛風に悩まされている方も少なくありません。「風が吹いても痛い」なんて、強烈なフレ …

シトルリン
L-シトルリンはいつ飲むのが正解?効果時間は?シトルリン摂取で自信を身につけよう!

血管拡張作用が期待できるシトルリンは、古い時代から、欧米各国で注目を集めてきました。そして近年、日本 …

シトルリン
シトルリンで血圧を改善!健康診断で「高血圧」が疑われたらシトルリンを摂ろう!

何か体に良いことをスタートしたい!と思ったときには、サプリメントの摂取を検討する方も多いことでしょう …