辛いむくみはシトルリンで徹底サポート!むくみの原因とシトルリンの利尿作用を解説

シトルリン

一日中立ち仕事をしていたり、長時間を同じ姿勢でいたり……ふと気づいたときには、足がパンパンにむくんでしまっていた!なんて経験はありませんか?

足のむくみは、誰もが一度は経験したことがある症状。特に女性に多いと言われていますよね。足が太く見え、コンプレックスの原因になってしまう足のむくみは、できるだけ早く解消したいところです。

むくみ解消のためには「マッサージや便利グッズを使うのが一番!」と思っている方も多いですが、実は「シトルリン」を摂取するのも有効な方法です。辛いむくみの原因と、シトルリンがなぜむくみに良いのか、詳しい作用、摂取するメリットについて解説していきます。足のむくみが気になり始めたら、ぜひチェックしてみてください。

身体のむくみの原因とは

アミノ酸のことどこまで知ってますか
むくみトラブルを解消するためには、まず「なぜ人間の身体がむくんでしまうのか」という原因に目を向ける必要があります。身体がむくんでしまう原因は、主に以下の5つです。

  • 長時間同じ姿勢でいることが、血流を滞らせる
  • 水分や塩分の過剰摂取、アルコールによる影響
  • 精神的なストレス
  • 薬の副作用
  • 各種疾患

それぞれがなぜむくみを引き起こすのか、そのメカニズムについてわかりやすく説明します。

長時間同じ姿勢でいると、主に下半身に負担大

一日中立ちっぱなしの人や、デスクワークが多い人に目立つのが、こちらのむくみの原因です。

人間の身体は、心臓から全身に血液を送り、回収することで成り立っています。この血液が栄養や酸素を届け、体の各部位から不要物を回収する、というわけですね。しかし長時間同じ姿勢を取り続けていると、血流は滞り、血管から水分が染み出しやすくなってしまいます。

特に下半身は、心臓から遠く血流が悪くなりやすいこと、また重力の影響を受けやすいことが原因で、非常にむくみやすい部位。「朝はほっそりとしていた足が夕方になるとパンパンになってしまう!」なんて場合には、こちらの原因を疑ってみると良いでしょう。

水分・塩分・アルコールによる影響

むくみトラブルには、体内の水分量が深く関わっています。水分を多く摂取することは、体にとって良いことです。しかし余分に摂取し過ぎれば、血管内の水分を多くなり、周囲に染み出しやすくなってしまいます。塩分を多く摂取している場合も、同様の現象が起きますから注意しましょう。

またアルコールを摂取すると、血管の透過性が高まり、やはり水分が染み出しやすい環境が整ってしまいます。「お酒をたっぷり飲んで、塩分の多いおつまみを楽しんだ次の日」には、むくみを実感する方も多いはず。むくみの原因を知れば、それも当然のことだと言えるでしょう。

ただし水分については、不足し過ぎてもむくみが起きるケースがあります。水分不足が原因で血流が滞り、余計な水分を回収するのが難しくなってしまうのですね。「むくみ=水分の過剰摂取」と安易に決めつけるのではなく、自身の生活習慣の中から、本当の原因を見つけ出す必要があります。

ストレスもむくみの原因になります

人間がストレスを抱えたときには、自律神経が乱れてしまいます。実はこれも、むくみを引き起こす原因の一つです。他の原因に思い当たる節がない場合には、ストレス解消や自律神経を整えるために動いてみるのもオススメです。

普段飲んでいる薬の影響も

副腎皮質ホルモン剤、いわゆるステロイド剤を継続的に摂取している場合、副作用としてむくみが起きるケースがあります。喘息やリウマチの薬を飲んでいる人は、こちらの原因に目を向ける必要もあるでしょう。

薬の影響でむくみが生じる場合、「顔」に症状が現れるケースが多いです。気になる場合には、主治医に相談してみるのがオススメです。

むくみを引き起こす疾患もある

日常的なトラブルだと思われがちなむくみですが、実は身体が発する病気のサインである可能性も。むくみを引き起こす疾患としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 心臓疾患
  • 腎臓系の疾患
  • 肝臓の疾患
  • ホルモン異常が関わる疾患

症状としてむくみが現れる疾患の幅は非常に広く、決して他人事ではありません。もしむくみ以外にも気になる症状があるのであれば、早めに医療機関を受診してみてください。むくみがきっかけで、病気を発見できる可能性もあります。

むくみトラブルが女性に多い理由

BCAAで脳疲労を緩和
辛いむくみトラブルは、特に女性に多いと言われています。実はここには、以下のような、女性特有の理由が関わっています。

  • 筋肉量が少ない
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 身体の冷え

女性は男性に比べて筋肉量が少ないですが、特に下半身の筋肉が少ない人はむくみに悩まされやすいです。静脈を流れる血液を、心臓へと押し戻すためのサポートをしているのは、ずばり筋肉です。その筋肉が少ないことで、うまく血流をサポートすることができず、むくみの原因になってしまいます。

また女性特有の生理や更年期は、体内のホルモンバランスを大幅に変化されます。自律神経の乱れが血流の悪化を引き起こし、やはりむくみを引き起こしてしまうのです。

さらに女性の中には、全身の「冷え」を訴える方も少なくありません。こちらも血流が悪くなる原因の一つで、やはりむくみの原因になってしまいます。

女性の中でも、特に中年期以降の女性は「更年期によるホルモンバランスの急激な変化」と「運動不足による筋力の低下」が起こりやすいです。「若い頃は平気だったのに、最近やたらとむくんでしまう」というときには、これらの原因を疑ってみてください。

血管に働きかけて利尿作用を高める。むくみ解消に導くシトルリン


さて、むくみの原因を頭に入れたところで、気になるのが「むくみ解消法」についてです。原因がわかれば、それを失くすのが一番のむくみケアにつながるでしょう。それができないときには、「血流」に目を向けることで、むくみ解消をサポートするのがオススメです。

ここで登場するのが「シトルリン」ですが、実はシトルリンには血管を拡張させ、血流をサポートする効果があるとされています。シトルリンは体内に取り込まれると、アルギニンへと変換されます。その過程で生まれるのが一酸化窒素(NO)。この一酸化窒素には、血管の平滑筋をゆるめ、広げることで血流量をアップさせるという効果があります。

身体の隅々まで血液がしっかりと流れるようになれば、栄養や酸素を速やかに届け、そして不必要な老廃物を滞りなく回収できるようになります。余分な水分が、血管から染み出し、むくみを生じさせるようなこともありません。また優れた利尿作用で、余分な水分はそのまま尿として体外に排出できます。下半身のむくみで非常に多いのが「ふくらはぎのむくみ」ですが、シトルリンを摂取することで、こちらも解消できる可能性が高いです。

一酸化窒素は、抗酸化作用を持つ物質で、体内のあらゆる器官をサポートしてくれます。人間にとって、欠かせない物質の一つだと言えるでしょう。しかし残念ながら、年齢を重ねると共に一酸化窒素の生成量は徐々に減少してしまうことがわかっています。また抗酸化作用を持つ物質ゆえに、体内に活性酸素が多いときには、まずはその無害化のために働いてしまいます。

生成量が減り、さらに活性酸素が増えた中年期以降の状態では、「血管拡張作用」に回すための一酸化窒素を確保できない!なんてことも考えられるのです。

だからこそ、自分自身で意識して、積極的にシトルリンを摂取することはとても大切なことだと言えます。シトルリンを補充すれば、体内の一酸化窒素生成をサポートすることにつながるでしょう。

販売職で一日中立ちっぱなしの人や、事務作業で一日中パソコン作業をしなければならない人、また今まさに更年期まっさかりで、辛い症状に悩まされている人など……。こうした状況にいる方々が、「むくみ解消のために、自身の生活の全てを変える!」というのは、決して簡単なことではありません。

しかし「シトルリンを毎日摂取して、余計な水分を速やかに体外へと排出できる仕組み」を整えることは、意外と手軽に実践可能です。日常生活の中で、辛いむくみをケアしていけます。

冬になると「ブーツを履きたいけれど、むくみが原因で難しい……」なんてこともありますよね。シトルリンのパワーを活用することで、こうしたお悩みも解消してみてください。

シトルリンはスイカやキュウリなど、主にウリ科の食物に多く含まれていますが、毎日必要量を摂取し続けるのは大変なことです。お悩み解消のためには、シトルリンを含んだサプリメントを検討するのがオススメです。

むくみと共に体の総合ケアも可能

シトルリンから発生する一酸化窒素には、「抗酸化作用がある」ということをお伝えしました。抗酸化作用を持つ物質を「抗酸化物質」と言いますが、アンチエイジング効果も期待できます。

シトルリンにはむくみケア以外にも

  • 皮膚の保湿ケア
  • 筋力増強
  • 冷え性改善
  • 精力増強

など、さまざまな効果が期待できることがわかっています。人間の生命活動に欠かせない「血流」に働きかけるパワーを持つシトルリンだからこそ、さまざまなケアを同時に行うことが可能なのですね。

特に筋肉量が少ない女性にとって、「筋力増強」効果は嬉しいポイントの一つです。全身の筋肉量がアップすれば、むくみの原因を元から絶つことにもつながります。下半身を引き締めるダイエット効果も期待できるでしょう。全身の筋肉量が増えれば、基礎代謝量もアップしますから、「太りにくく痩せやすい体質」に近づけることも可能となります。

サプリメントはいろいろな栄養素を一度に摂取できる便利なものですが、「いろんな効果を実感したい!」というときには、いったいどれをどんな風に飲めば良いのか、悩んでしまいがちですよね。

シトルリンであれば、こうした悩みは不要です。シトルリンサプリメントを選ぶことで、むくみケアとそれ以外のケアを同時進行で進めていけます。

継続的なシトルリン摂取とマッサージの組み合わせがオススメ


シトルリンは、安心・安全なサプリメントとして知られています。医薬品のように「速攻で人間の体に働きかける」というわけではなく、体内の栄養バランスを整えた上で、少しずつ体の調子を整えていくためのものとなります。

むくみに対する効果を期待して摂取をスタートした場合も、まずは「継続する」という点が何よりも重要なポイントとなります。

とはいえ、辛いむくみを「今すぐに改善したい!」と思う方も多いことでしょう。このような場合には、サプリメントでシトルリンを摂取しつつ、適度なマッサージや運動を取り入れるのがオススメです。

下半身がむくみやすいという方にオススメなのが、ふくらはぎのマッサージです。ふくらはぎは、下半身の血流を良くするための重要な部位。入浴中に軽く揉むように刺激するだけでも、血流改善効果を期待できます。

やり方は簡単で、足首から両手で包み込むようにして、膝の方までマッサージしていきます。こぶしを作って、少し強めに、下から上へと血流を押し上げるようなイメージで押すのも効果的です。

また下半身の運動で、筋力アップを目指すのもオススメです。ウォーキングや軽いジョギングなどは、筋力アップにもピッタリのメニュー。シトルリンを摂取しながら運動すれば、疲労感の軽減やスムーズな筋力アップを助けてくれます。

もちろん「就寝中に着圧ソックスを使う」というのもオススメの方法です。ただしこちらの方法は、あくまでも「対処法」にすぎません。「むくみの原因に根本から対処したい!」という場合には、その他の方法と組み合わせて実践すると良いでしょう。

マッサージ効果で現在のむくみを早期に解消しながら、シトルリン効果で、体の内側から「むくみに負けない身体づくり」を進めていけます。定期的に「むくみにくさ」をチェックしてみてくださいね。

まとめ

特に女性にとっては、非常に身近なむくみトラブル。「私はもうそういう体質だから」なんて諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。また「夕方にはむくんでいても、朝にはまた戻っているから」なんて油断している方も多いですよね。

確かに下半身、特にふくらはぎ周辺のむくみは、日常生活の中で起きやすいトラブルです。少し見た目が悪いですが、痛みや気になる症状が生まれるわけでもありません。放置してしまう方が多いのも、仕方がないことなのかもしれません。

しかしむくみをケアしないまま放っておくと、症状が悪化してしまう可能性があります。朝になってもむくみが戻らず、どんどんひどくなってしまう……というわけですね。またそのほかにも、気になるセルライトや太る原因になってしまうこともあるのです。その日のむくみは次の朝までに解消できるよう努めると共に、体の内側から「むくみが生じにくい仕組み」を整えていきましょう。

むくみ改善のためには、原因を取り除くのがベストですが、中にはそれが難しいことも……。こんなときには、ぜひシトルリンのパワーを使って、「無駄なものを速やかに排出できる仕組み」を作ってみてください。

むくみ対策としてシトルリンを摂取するのであれば、やはりサプリメントがベストです。自分に合うサプリメントを見つけ、継続的に摂取すれば、むくみケアはもちろんのこと、そのほかの健康効果や美容効果も期待できます。より美しく、そして健康的な自分になりたい!と思ったときに、味方になってくれるのがシトルリンサプリメントです。むくみが気になり始めたら、ぜひ積極的に取り入れてみてください。

タグ: ,

シトルリン
シトルリンで痛風対策!生活習慣の改善とサプリメントを取り入れよう!

現代人の中には、辛い痛風に悩まされている方も少なくありません。「風が吹いても痛い」なんて、強烈なフレ …

シトルリン
L-シトルリンはいつ飲むのが正解?効果時間は?シトルリン摂取で自信を身につけよう!

血管拡張作用が期待できるシトルリンは、古い時代から、欧米各国で注目を集めてきました。そして近年、日本 …

シトルリン
シトルリンで血圧を改善!健康診断で「高血圧」が疑われたらシトルリンを摂ろう!

何か体に良いことをスタートしたい!と思ったときには、サプリメントの摂取を検討する方も多いことでしょう …