スイカから発見されたシトルリンのオススメ摂取法と調理法をご紹介!

シトルリンはスイカから発見されました。
シトルリン

スーパーアミノ酸とも呼ばれるシトルリンは、私たちの健康や美容に、さまざまな効果をもたらしてくれることがわかってきています。通常のアミノ酸のように、たんぱく質を合成することはありませんが、血液の中で全身を巡る遊離アミノ酸として、重要な役割を果たしてくれているのです。

健康面や美容面においても、近年注目度が高まっているシトルリンだからこそ、サプリメントなどで、手軽にその効果を実感している方も多いことでしょう。

実はこのシトルリン、真夏に美味しい「スイカ」と関連性の深い成分であるということをご存知ですか?

シトルリンとスイカの関係性など、シトルリンの摂取を検討するうえで覚えておきたいポイントをまとめます。シトルリンの基礎知識として、ぜひ参考にしてみてください。

スイカから発見されたシトルリン


シトルリンとスイカの関連性とは、ずばりシトルリンが発見された過程にあります。シトルリンが発見されたのは1930年のこと。そのきっかけとなったのが、スイカでした。

当時世の中には、「糖尿病にはスイカを食べると良い」という民間療法が伝わっていました。この真偽と関連性を確かめるため、日本人学者がスイカの研究をスタートしたところ、新たなアミノ酸としてシトルリンが発見されたのです。

しかしその当時は、すぐにシトルリンのパワーに注目されたわけではありません。研究スピードが現在よりも遅かったこと、またすぐに糖尿病との関連性が見えなかったことから、発見された新アミノ酸はしばらくそのまま放置されます。発見者によって構造の決定がなされたのは、発見から10年以上の時間が経過してからのことでした。

新たに発見されたアミノ酸には、スイカの学名でもある「Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)」からシトルリンという名前が与えられました。


シトルリンはその後、世界中に広まり、人体にもたらす影響や効果についての研究が進められていくことになります。その過程で、人間の体内に取り込まれたシトルリンは想像以上に多くのメリットをもたらしてくれることがわかったのです。

シトルリンの効果は、主に「一酸化窒素(NO)を産出して、体内の血管を拡張させる」というものですが、これにより全身の血流状態を改善させる効果が見込めます。

  • 将来的な生活習慣病のリスク軽減
  • 冷えやむくみの解消
  • 精力増強や男性器のサイズアップ
  • ダイエット効果
  • 運動時のパフォーマンス向上
  • 筋肉増強
  • 疲労感の軽減
  • アンチエイジング効果
  • 美肌効果

これらはすべて、シトルリンを摂取することで期待できる効果だと言われています。さまざまな面で老若男女、あらゆる人々の生活をサポートしてくれるアミノ酸であると言って良いでしょう。人間にとって「血液の流れ」とは全身の健康状態を良好に保つための「要」のようなもの。そこに働きかける力を持っているからこそ、このようにさまざまな効果を期待できるというわけですね。

2007年から日本でもサプリメントとして活用できるようになったシトルリン。現在では、多くの人が自身の目的を達成するために積極的に摂取しています。

このようにして、私たちの生活の中で身近な存在となった、スーパーアミノ酸・シトルリン。その歴史を紐解いてみると、「スイカ」と深く関わっていることがわかります。

シトルリンが豊富に含まれているのは「スイカの皮」!

シトルリンを食べ物から摂るならスイカ
現代においても、食品からシトルリンを摂取しようと思ったときには、「スイカを食べるのが効果的」と言われています。

スイカに含まれるシトルリン量は以下のとおりです。

  • スイカの種……28ミリグラム/100グラム
  • スイカの実……130~180ミリグラム/100グラム
  • スイカの皮……156~271ミリグラム/100グラム

こちらは、あくまでも参考数値で、スイカに含まれているシトルリン量の目安となります。このデータからわかるのは、スイカの種にはほとんどシトルリンが含まれていないこと、そしてスイカの皮部分に非常に多くのシトルリンが含まれているということです。

特にシトルリンを多く含んでいるのは、スイカの皮の中でも緑色の部分です。


もともとシトルリンは、スイカの原種とも言われるカラハリ砂漠の野生スイカに多く含まれている成分です。過酷な環境の中でも、野生スイカが自分自身を守るために、蓄えているのがシトルリンだと考えられています。

日本で栽培されるスイカにおいても、その特徴は変わらないのでしょう。シトルリンはスイカが自分自身を保護するための成分と考えれば、外側の皮部分に多く含まれているという点も納得できます。

シトルリンの一日あたりの摂取目安量は800ミリグラム程度とされています。

たとえばこの800ミリグラムという数値を、スイカの実だけで実現しようとすれば、1日に400グラムから600グラム程度のスイカを摂取しなければいけません。スイカのサイズによっても異なりますが、1/7個から1/12個程度が目安となります。

「たまに」食べることはできても、「毎日」となると厳しく感じる方も多いのかもしれませんね。

スイカの皮をおいしく食べる方法とは?

スイカからシトルリン必要量を効率よく摂取したいと思ったら、実よりも多くのシトルリンを含んでいる「皮」部分を取り入れるのがオススメです。

特にスイカの皮の緑色の部分を美味しく食べることができれば、シトルリン摂取効率はぐんとアップするでしょう。

とはいえ一般的には、「柔らかくて美味しい実の部分を食べたら、あとはゴミにする」という方も多いはずです。スイカの皮を美味しく食べるためには、どのような方法をとると良いのでしょうか。

もっとも食べやすい方法は、外側のもっとも硬い緑色の部分だけを取り除いて、漬物にするという方法です。食べやすい大きさにカットしたら、塩でもみ込むだけで美味しいお漬物に仕上がります。

夏のビールのおつまみとして、また朝ごはんのお供として、大活躍してくれることでしょう。

「緑色の硬い部分も無駄なく摂取したい!」という場合には、きんぴらにするのがオススメです。細く薄切りにすることで、歯ごたえのある食感を楽しめるでしょう。こちらの方法であれば、シトルリンを最も多く含む部位までを、きれいに食べ尽くすことができるはずです。

シトルリンは男性にとっても女性にとっても、そして子どもたちにとっても魅力的なスーパーアミノ酸ですから、家族みんなが楽しめる形で「料理」として提供してみてはいかがでしょうか。

知らず知らずのうちに、その恩恵を受けられるはずです。

スイカ以外にシトルリンが含まれている食品について


シトルリンはもともとスイカから発見された成分ですが、「スイカにしか含まれていない」というものではありません。スイカ以外の食品からシトルリンを摂取することも可能なので、安心してください。

ではどのような食品に、どの程度のシトルリンが含まれているのかというと、以下のようなデータが公開されています。

  • メロン……50ミリグラム/100グラム
  • 冬瓜……18ミリグラム/100グラム
  • ニガウリ……16ミリグラム/100グラム
  • ヘチマ……57ミリグラム/100グラム
  • クコの実……34ミリグラム/100グラム
  • きゅうり……9.6ミリグラム/100グラム
  • ニンニク……3.9ミリグラム/100グラム

スイカと同様にウリの仲間に多く含まれているのがシトルリンの特徴です。これらの食品の中で比較的手に入りやすいものといえば、メロンやきゅうり、ニンニクでしょうか。冬瓜なども、季節によっては美味しく調理することができます。

とはいえ、スイカに次ぐシトルリン含有量を誇るメロンであっても、その数値はスイカの半分以下となっています。一日あたりの推奨摂取量を満たすためには、非常に苦労することでしょう。一日あたりメロン1.3個を摂取して、初めてクリアできる数値となっています。

きゅうりの場合はメロンよりも安価で、毎日の食事にも取り入れやすいでしょう。しかしきゅうりだけでシトルリンを賄おうと思った場合には、1日当たり50本以上のきゅうりを摂取する必要があります。たとえシトルリンは摂取できても、食生活の全体を見たときには、バランスが崩れてしまうことが分かり切っています。

夏場は、比較的手に入りやすいスイカを食べることで推奨摂取量はクリアしやすいのですが、スイカのシーズンが終わったあとにはどうするのか……という点が、食品からシトルリンを摂取する際の最大の問題点だと言えるでしょう。

シトルリンのオススメ摂取方法とは?


スイカに豊富に含まれるシトルリンは、スイカ以外の食物の含有量が低いという特徴があり、一日当たりの推奨摂取量を維持するのが難しいと言われています。

不足したからといって、すぐに身体に何らかの問題を引き起こすわけではありません。この点においては、まずは安心してください。

しかしシトルリンが体内でもたらす効果は非常に大きく、美容面・健康面・運動面を考えても「積極的に摂取しないのはもったいない!」と言うべき栄養素なのです。

こうした特徴を持つシトルリンだからこそ、オススメは「サプリメントを活用して定期的に必要量を摂取する」という方法です。

日本では2007年以降にようやくサプリメントとして活用できるようになったシトルリン。2007年よりも前の時代には、医薬品に使われる成分として扱われていました。

しかし欧米各国においては、それよりもはるかに古い時代からサプリメントとして摂取される機会も多く、スポーツ前のブースターや疲労回復のサポートとして、積極的に摂取されてきたのです。日本においても、今後この流れはさらに加速していくことでしょう。

シトルリンは、体内でオルニチン回路と呼ばれる回路の中で働いています。実はより効果的に一酸化窒素(NO)を産出するためには、アルギニンと同時に摂取した方が良いということがわかっています。

食品から摂取する場合には、「シトルリン摂取についてはなんとか推奨量を満たせても、そのほかの栄養素とのバランスにまでは気が回らない!」という方も多いことでしょう。無理に頑張ろうとして、ストレスを溜めるのもオススメできません。


シトルリン含有サプリメントであれば、こうした点も一気に解決することができます。サプリメントの中にはさまざまな「目的」をうたうものも多く、こうした効果を最大限に高めるため、あらゆる栄養素がバランスよくミックスされているのが普通です。

たとえば「精力増強用のシトルリンサプリメント」であれば、シトルリンと共に、肉体疲労からの回復をサポートする成分や、そのほかパワーアップを期待できる成分をバランスよく配合して、魅力度を高めています。

女性向けの美肌サプリメントとしてシトルリンが活用されている場合には、シトルリンと共に、より高い保湿効果を持つ各種成分が豊富に含まれているケースも少なくありません。

「どんな目的でシトルリンサプリメントを摂取したいのか」という自身の目標意識さえはっきりしていれば、摂取するサプリメント選びで迷うことはないでしょう。

サプリメントを使ってシトルリンを摂取する場合は、食品から摂取する場合と違って、過剰摂取にならないよう、分量を調整することをオススメします。

これは「副作用の恐れがあるため」というよりはむしろ、「シトルリンが体内で消費される以上に摂取しても、体外に排出されてしまうだけでもったいないから」という意味でのアドバイスです。

せっかく購入したサプリメントを無駄にしないためにも、推奨摂取量は守るようにしましょう。

まとめ

スーパーアミノ酸として、私たちの生活をサポートしてくれるシトルリンは、「スイカの中から発見された」という歴史を持っています。その名前もスイカにちなんで付けられていますし、またさまざまな食品の中でも、スイカの含有量が際立って高いことからも、非常に関連性の高いキーワードだと言えるでしょう。

シトルリン摂取を検討するのであれば、「スイカ」から摂取するのも良いでしょう。しかしスイカは体を冷やす効果を持つ食品の一つですし、またその特徴を考えても、「一年中継続的に摂取していく」というのは難しいこともあるはずです。

こんなときに活躍してくれるのが、シトルリンサプリメントです。たとえ体内で不足しても、すぐに何らかの問題が起きるわけではありませんが、血流を改善してあらゆる病気リスクを低減し、体形や精力などのコンプレックスを解消してくれる可能性があると聞けば、「飲んでおいて損はない」とも言えるでしょう。

シトルリン目的で頑張ってスイカを食べるのも良いですが、より効率の良いサプリメントにも目を向けてみてはいかがでしょうか。より快適な毎日につながっていくのかもしれませんよ。


活力向上にオススメのシトルリンサプリメント

本当に効果を実感できるシトルリンサプリメントをお探しなら今一番オススメなのはモンドセレクション銀賞受賞の日本製サプリメントシトルリン皇帝王がオススメです。

1日あたりL-シトルリンが1,000mgも摂取できるほか、スッポンやマカ、亜鉛、高麗人参、クラチャイダムなど厳選された高級素材がふんだんに配合されています。

さらに今なら2本以上セットで購入すると通常より1本あたり600円もお得です!

シトルリン皇帝王

公式販売サイトで定期的に開催されるセールやメルマガクーポンなどを活用することでさらにお得に購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

1000件以上の口コミ数と専門調査会社の成分鑑定書が人気と信頼の証!!

タグ: ,

シトルリン
シトルリンで痛風対策!生活習慣の改善とサプリメントを取り入れよう!

現代人の中には、辛い痛風に悩まされている方も少なくありません。「風が吹いても痛い」なんて、強烈なフレ …

シトルリン
L-シトルリンはいつ飲むのが正解?効果時間は?シトルリン摂取で自信を身につけよう!

血管拡張作用が期待できるシトルリンは、古い時代から、欧米各国で注目を集めてきました。そして近年、日本 …

シトルリン
シトルリンで血圧を改善!健康診断で「高血圧」が疑われたらシトルリンを摂ろう!

何か体に良いことをスタートしたい!と思ったときには、サプリメントの摂取を検討する方も多いことでしょう …