シトルリンで痛風対策!生活習慣の改善とサプリメントを取り入れよう!

シトルリン

現代人の中には、辛い痛風に悩まされている方も少なくありません。「風が吹いても痛い」なんて、強烈なフレーズで紹介されるケースも多い、こちらの病気。実は成人男性の5人に1人は痛風予備軍とも言われていて、想像以上に身近な病気となっているのです。

病気ときちんと向き合い、早い時期から適切な対処を行うためには、きちんとした情報把握が必須となります。そこで今回は、「痛風」という病気に関する基礎知識と、痛風対策にも良いとされる「シトルリン」の魅力について解説していきます。

もしかして自分も……と思い始めたら、ぜひ参考にしてみてください。

痛風とは?


痛風とは、体内に蓄積した「尿酸」が結晶化することで関節部分に蓄積し、炎症と共に激しい痛みを引き起こす病気です。痛風の特徴としては、「自覚症状がほとんどない」という点が挙げられます。尿酸が蓄積し、尿酸値が上がっている状態でも、炎症が始まるまでは、何ら異常を感じとることはできません。そうやって見えないところで症状が進行し、ある日発作的で猛烈な痛みに襲われるのです。

痛風で痛みが現れやすいのは、以下のような部位となります。

  • 足の親指の付け根
  • 足首
  • くるぶし

この中で、もっとも多いのが足の親指の付け根です。痛みの度合いには個人差がありますが、ひどい場合には歩くことさえ困難になってしまいます。

とはいえもっとも恐ろしいのは、「我慢できる程度の痛みであり、実際に症状をそのまま放置してしまう」というパターンです。一時的にシップなどで痛みを緩和できれば、1週間程度でするどい痛みは治まってきます。しかしそれは、完全に病気が治ったわけではありません。尿酸値が低下しない限り、問題は繰り返されます。

最初は「脚の親指の付け根」のみであったものが、徐々に他の関節へと広がっていくようなケースも多いですし、尿路結石や腎臓障害につながるケースも存在しています。

もともと痛風といえば、「中年男性がかかるもの」というイメージも強かったのですが、食生活の変化と共に、より若い世代での発症率が高まってきています。20~30代であっても痛風になる可能性は十分にありますし、自身の健康状態に気を配る必要があると言えるでしょう。

また痛風は、高血圧や高脂血症、糖尿病などと関連していることでも注目されています。つまり尿酸値に異常が現れた場合には、生活の中に何か問題が潜んでいる証拠なのです。

「まだ若いから大丈夫」「自分が痛風になんてなるわけがない」「痛みがあっても我慢できるレベルですぐに治まるから大丈夫」

こうした安易な考えで、痛風を放置するのはオススメできません。尿酸値が7mg/dlを示したら、それは立派な「高尿酸血症」です。「いつ痛風を発症してもおかしくはない」という状態ですから、速やかな対処が必要となります。

またこの数値を下回ったからと言って、油断はできません。将来的には痛風になる可能性も高く、またそのほかの生活習慣病を引き寄せる要因にもなってしまいます。

とはいえ、忙しい毎日の中でできることは限られている!という方も多いのではないでしょうか。こんなときに注目していただきたいのが、シトルリンです。

シトルリンで尿酸の排出をサポートしよう!


痛風対策として、近年注目されているシトルリン。シトルリンには、「尿素回路で働き、アンモニアを解毒する」という作用が備わっています。この過程で尿酸が作られますが、回路がスムーズに働いているときには、余分な尿酸は速やかに体外へと排出されます。

つまり「余分な尿酸を排出するためには、尿素回路と呼ばれる回路をスムーズに働かせる必要があり、そのために必要なのがシトルリンである」というわけです。

痛風について考えるときには、尿酸は「悪者」としてとらえられがちです。しかし実際には、人間の生命維持のために欠かせない抗酸化物質の一つでもあります。よって、血液中にある程度の尿酸が含まれていることは、非常に大切なことなのです。

余分な尿酸の排出が追い付かなくなると、結晶化が進み、痛風の原因になってしまいますから、シトルリンで排出の仕組みをサポートしていきましょう。

またシトルリンには、一酸化窒素(NO)を生み出して、全身の血管をしなやかにするというメリットもあります。血管がしなやかになれば、拡張しやすくなり、内部をとおる血液の量も上昇させることができます。

痛風は、高血圧や高脂血症、糖尿病との関連性も指摘されていますが、シトルリンであれば、こうした生活習慣病に対しても、適切なアプローチをすることができます。それぞれの対策を別々で行わなくても良いために、自分メンテナンスのハードルも非常に低くなるでしょう。

一般的に痛風の治療は、辛い発作が起きて初めて、積極的に検討されることになります。しかし「病気予防」という側面から考えると、これでは手遅れと言うこともできます。シトルリンは現在、医薬品ではなく食品としての摂取が可能となっています。ゆっくりと、自分のペースで体の内側のバランスを整えながら、痛風を始めとする各種トラブルの予防につなげていくことができます。

痛風は予防段階でのケアが重要!


「風が吹いただけでも痛い」と言われると、痛風に対して恐怖心を抱く方も多いことでしょう。しかし痛風においてもっとも怖いのは、「合併症」です。痛風予備軍と呼ばれる人々の多くが、高血圧や高脂血症などの、生活習慣病を患っていると言われています。

血液中に大量の尿酸が含まれていて、さらに高血圧となれば、血管にかかる負担は非常に大きなものとなってしまいます。できるだけ早期に、適切な対処法を実践する必要があるのです。

痛風や合併症への対処法としては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 食生活の見直し
  • 運動習慣の見直し
  • 飲み物の見直し

それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

食事の内容や食べ過ぎに注意!

血液中の尿酸値の高さを指摘されたら、まず見直すべきなのが、食事についてです。食べ物の中には、プリン体を多く含むものがあり、これが尿酸値を上昇させる原因の一つだと言われています。

プリン体が多い食品を避け、尿をアルカリ性に近づける食品を積極的に摂取しましょう。海藻類や野菜類などが、こちらに当てはまります。

また、「食べ過ぎを予防する」だけでも、痛風予防につながるとされています。「ついつい食べ過ぎてしまう」という方は、そうした習慣を改めるようにしましょう。

適度な運動は健康効果大!

健康を守るためには、適度な健康を取り入れることが大切です。特にオススメなのは、有酸素運動です。

  • ウオーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • ストレッチ

これらの運動は、毎日の習慣として無理なく取り入れるのがオススメです。体内の巡りをよくすることで、さまざまな生活習慣病の予防につながります。

アルコールは避けて積極的に水を飲もう!

飲み物で注意するべき点は、まず「アルコール摂取量」が挙げられます。実はアルコールには尿酸値を上げる働きがあり、プリン体が少ないと言われるお酒であっても、注意する必要があります。

アルコールを摂取する際に大切なのは、「体に負担をかけ過ぎない適正量を守る」ということです。ビールを例に挙げれば、500ミリリットル程度に抑えておきましょう。

その代わりに、積極的に摂取したいのが「水」です。1日に2リットル以上の水分を摂取することで、尿を作るサイクルが活性化します。どんどんと尿酸を排出することができるでしょう。

これらの項目にプラスしてシトルリン摂取を!

シトルリンは、生活のサポートを行ってくれる存在です。ちゃんとした食生活を送っているつもりでも、意外と偏りがちなもの。ちょっとでも不安があればシトルリンを摂取してみてはいかがでしょうか。

先ほど挙げた「食事」「運動」「飲み物」の3つの注意点にプラスして「シトルリン」を取り入れれば、体内から痛風予防に役立ってくれます。健康意識を高めながら、痛風以外の生活習慣病予防へと、つなげていくこともできるでしょう。

シトルリンを摂取する場合は、サプリメントを選択するのがオススメです。手間なく無理なく、日常的な摂取が可能となります。また食品から必要量を摂取する場合と比較して、コストパフォーマンスに優れているというメリットもあります。

痛風対策はアルギニンでは駄目なのか

アミノ酸のことどこまで知ってますか
尿酸をスムーズに排出するための尿素回路においては、シトルリンはアルギニンと共に働いています。シトルリンがアルギニンへと変換されたり、アルギニンがシトルリンへと変換されたりする中で、一酸化窒素が産出されます。

健康のために摂取すると良いとされるシトルリンですが、実は体内において、アルギニンから生成することも可能な物質です。「だったら最初から、シトルリンではなくアルギニンを摂取した方が、より効率的な痛風対策になるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

しかしサプリメントとして経口摂取されたアルギニンは、そのほとんどが、尿素回路の中で代謝されてなくなってしまうという特徴があります。要するに、口から届けられたアルギニンのほとんどは、一酸化窒素やシトルリンを生み出すために使われないのです。

一方でシトルリンには、サプリメントとして経口摂取した場合に、代謝されにくいという特徴があります。そのままの状態で存在しやすく、アルギニンへと効率よく変換されます。

そしてそのアルギニンが、再度シトルリンへと変化して一酸化窒素を産出するというわけですね。このため、アルギニンよりもシトルリンの形で摂取した方が、効率が良いとされています。

とはいえ、「アルギニン単体」で摂取する場合よりも、「シトルリン単体」で摂取する場合よりも、効率よく働かせることができるのは「アルギニン+シトルリン」の形で摂取した場合だと言われています。

せっかく痛風対策をするのであれば、効率の良い方法を選択したいもの。近年、シトルリンサプリメントの種類も豊富になってきていますが、その中から「アルギニン+シトルリン」の形で配合されているものを選択してみてください。

若い内からの対策がオススメ!痛風リスクが高い人の特徴とは?


世の中には、「痛風になりやすい人」もいれば「なりにくい人」も存在しています。これは「個人差」なので、仕方がないことだと言えるでしょう。「痛風になりやすい」と言われればショックかもしれませんが、大丈夫です。「なりにくい人」よりも積極的に、予防ケアを行うことで、健康を守ることができるでしょう。

大切なのは「自分が痛風になりやすいのかどうか」を、しっかりと把握しておくこと。具体的なチェック項目は以下のとおりです。

  • 肥満である
  • 家族に痛風の人がいる
  • 遺伝子による代謝異常がある人
  • ストレスが多い
  • 普段から食生活が乱れがちである
  • 20歳以降の男性もしくは閉経後の女性である

これらの項目に当てはまる点が多ければ多いほど、痛風リスクが高いと考えられています。特に注目するべきなのは、遺伝的な要素だと言えるでしょう。

痛風そのものに遺伝性はありませんが、遺伝により「痛風になりやすい体質」は受け継がれていく可能性があります。また家族として近しい関係にあれば、普段の食生活や体型が似てくることも考えられます。両親や兄弟に痛風を発症した人がいる場合、高尿酸血症の発症リスクは、通常の2倍程度まで上昇するとも言われています。

自分自身の生活習慣に問題が隠されている場合には、まずはその改善に努めましょう。また当てはまる点がないように思える場合でも、予防ケア的な考えで、シトルリンサプリメントを摂取するのもオススメです。

「痛風=男性」というイメージも強いですが、実は閉経後、女性ホルモンの分泌量が減少した女性が発症するケースも目立ちます。こちらについても、シトルリンサプリメントで手軽にケアできると良いですね。

まとめ

「痛風」という名前には、非常にインパクトがあります。自分自身が「痛風」もしくは「痛風予備軍」と診断されてしまったら、ショックを受ける方も多いのではないでしょうか。

耐えがたいような痛みが発作的に現れる病気ですから、できれば避けたいというのが本音です。痛風を予防するための方法としては、「生活習慣の乱れを整える」というものが一般的ですが、それに「シトルリンサプリメント」をプラスするのもオススメです。

尿素回路の中で働くシトルリンは、血液中にたまりがちな余計な尿酸を排出するための、サポートを行ってくれます。またそれだけではなく、血管や血液に関するケアを行ってくれる栄養素としても知られています。サプリメントであれば、日常生活の中で手軽に摂取できますし、検討してみて損はないと言えるでしょう。

「痛風対策と言われても、あまりピンとこない」という方にも、シトルリンは魅力的な存在です。血流に働きかけることで、男性としての自信を取り戻す作用が期待できたり、運動におけるパフォーマンス向上効果も期待できたりします。またそれ以外にも、筋トレの効果を上昇させたり、疲労回復効果を高めたり、女性にとって身近な冷え性対策に使うことも可能です。

シトルリンサプリメントを選択する場合には、「毎日摂取するもの」として、その品質や安全性にもこだわってみてください。「自分だけではなく、家族の中にも不安を抱えている人がいる」という場合には、家族全員でシトルリンサプリメントを取り入れてみるのもオススメですよ。

タグ: ,

シトルリン
L-シトルリンはいつ飲むのが正解?効果時間は?シトルリン摂取で自信を身につけよう!

血管拡張作用が期待できるシトルリンは、古い時代から、欧米各国で注目を集めてきました。そして近年、日本 …

シトルリン
シトルリンで血圧を改善!健康診断で「高血圧」が疑われたらシトルリンを摂ろう!

何か体に良いことをスタートしたい!と思ったときには、サプリメントの摂取を検討する方も多いことでしょう …

シトルリン
シトルリンと亜鉛の相性がすごい!嬉しい効果を実感しよう

シトルリンは、近年注目されている栄養素の一つです。摂取することで一酸化窒素(NO)の産出をサポートし …