「眠りが浅い」と悩むあなたに朗報!オルニチンの睡眠改善効果で寝起きを快適に!

その他のアミノ酸

毎日忙しく過ごす中で、「思うように眠れない」という不満を抱えている方はいませんか? 一日の終わりに布団に入り「やっと眠れる……」と思っても心と身体のバランスが崩れているときにはなかなか寝付けないものです。こうして睡眠不足が重なれば、身体的な不調にも結び付きやすくなってしまいます。

さて、人間の睡眠改善に関わる栄養素の一つにオルニチンが含まれていることをご存知ですか? 「お酒」や「肝臓」というイメージも強いオルニチン。シジミに多く含まれていることでも知られていますよね。そんなオルニチンですが、なぜ「寝起き」や「睡眠」にも影響を与えるのでしょうか。

オルニチンが睡眠改善に作用する仕組みと寝起きを良くするためのオルニチン摂取のコツを紹介していきます。最近うまく眠れていないな……と感じ始めたらぜひチェックしてみてください。快適な生活を送るためのヒントになるはずです。

人間にとって睡眠は非常に重要

BCAAで脳疲労を緩和
私たちが毎日何気なくとっている睡眠ですが、人間にとっては非常に重要なものです。睡眠は、以下のような役割を担っています。

  • 疲労回復
  • ストレス軽減
  • 生活習慣病の予防
  • 肥満予防
  • うつ症状の緩和
  • 美肌効果
  • 運動時のパフォーマンス向上

たっぷりと眠った後は、寝起きでも機嫌よくいられます。日常生活の中で「疲労回復効果」に注目する方は多いことでしょう。しっかりと体力を回復させることができれば、運動時のパフォーマンスがアップするのも自然な流れです。

しかし睡眠がもたらす効果はそれだけではありません。ストレスを軽減したり、うつ症状の悪化を予防したりと、精神面とも深く関わっていることがわかってきています。睡眠が足りていないとき、人は不安な気持ちや妄想を抱きやすいのですね。脳の代謝が低下することで、脳内の分泌物質のバランスが崩れ、さまざまな症状が出ると言われています。

また睡眠不足が身体に負担をかけ続ければ、小さなダメージは徐々に蓄積していってしまいます。数十年後に生活習慣病となって、問題が表面化する可能性もあるでしょう。さらに睡眠時間が少なくなれば、細胞が自身を修復するための時間も短くなってしまいます。「睡眠不足が続くと、肌がボロボロになってしまう」と語る女性も多いですが、このためなのです。

さらに食欲をコントロールするためのホルモンは、実は睡眠と深く結びついていることがわかっています。身体が睡眠不足に陥ると、脳は食欲増進を働きかけるホルモンを過剰に分泌してしまいます。これが食べ過ぎにつながり、肥満の原因になってしまうというわけですね。「ダイエットしたいのに、食欲が抑えられない……」なんて悩みを抱いている方は、睡眠改善にも目を向けてみると良いでしょう。

「ただ眠っているだけ」というイメージも強い睡眠時間。だからこそ「自分の体力さえ続けば良い」と、安易に削ってしまう方も少なくありません。

しかし人間の心と身体を健康に保つためには、質の高い睡眠をしっかりと確保する必要があるのです。

日本人の多くが睡眠負債を抱えているという現実

このように、人間にとって睡眠とは、非常に重要な意味を持つもの。しかし残念ながら、現代の日本においては、恒常的な睡眠不足に悩まされている方が多いと言われています。

日本人の平均睡眠時間は世界各国と比較しても極めて短く、一日当たりの平均睡眠時間が6時間未満という方も増加傾向にあります。

また、「毎日少しずつ寝不足が重なっていく」ことで積み重なっていく「睡眠負債」にも注目が集まっています。現代の日本人にとって、「毎日の生活の中で、ただゆっくりと眠る」というのは、非常に難しくなってきています。

睡眠改善のためには、睡眠の質を向上させることが重要ですが、残念ながらこちらは「ただ早い時間にベッドに入る」だけでは解決できない問題です。

  • ベッドに入ってもなかなか寝付けない
  • きちんと睡眠時間は確保しているはずなのに疲労感が抜けない
  • 寝起きが悪い
  • 昼間すぐに眠くなってしまう

これらの問題を抱えている方は、自分でも気づかないうちに睡眠負債を抱えている可能性があります。眠っているはずが、実は「眠れていない」というわけですね。できるだけ早期に睡眠改善に取り組むことが、健康や美容を守るための秘訣となるでしょう。

オルニチン摂取が睡眠改善につながる仕組み


睡眠の質を向上させることの重要性を理解したところで、登場するのが「オルニチン」です。

オルニチンとは、人間の身体の中で働く遊離アミノ酸の一種。肝臓をサポートする効果や、アルコール分解に関わる作用で、「耳にしたことがある」という方も多いことでしょう。

実はこのオルニチン、睡眠改善にも良い作用をもたらしてくれる栄養素なのです。

オルニチンには睡眠改善効果やストレス改善効果があることがわかっています。過去にマウスを使った実験では、オルニチンを摂取したマウスは、そうではないマウスよりも「ノンレム睡眠の時間が延長された」という結果が明らかになっています。

ノンレム睡眠とは、大脳の休息に関わる深い睡眠を指しています。オルニチンの効果によってこのノンレム睡眠の時間が長くなることで、以下のようなメリットが期待できます。

  • ぐっすりと眠れる
  • 寝起きが良くなる
  • 睡眠中に脳がしっかりと休まることで起きている最中の集中力が高まる

普段から「眠れない」「眠りが浅く、眠っている気がしない」という悩みを抱えている方にとって、オルニチンがもたらす効果は非常に興味深いものだと言えるでしょう。

またオルニチンには、ストレスを感じた際に分泌される「コルチゾール」という物質を抑制する効果があるというデータも明らかになっています。

何らかのストレスを抱えたまま、夜ぐっすりと眠るのは難しいこと。ストレスの原因に対して、モヤモヤとした考えを抱き続けたまま、なかなか寝付けずに困っている……なんて方も多いのではないでしょうか。オルニチンは、睡眠改善のため、精神面でのサポートもしてくれます。

ストレスを軽減することで、気持ちよく眠りにつけるようになれば、睡眠中のストレス軽減効果も高まるはずです。ストレスフルな現代ですが、上手に付き合っていくための秘策になってくれるのかもしれませんね。

またオルニチンは、主に肝臓で働き、人体にとって有害な物質を分解するサイクルをサポートしてくれています。特にアンモニアは、日常的に発生してしまう有毒物質です。これをオルニチンサイクルという仕組みを使って、無毒な尿素へと変換、体外へと排出する仕組みをサポートしています。

この過程の中で生み出されるのが「アルギニン」という物質です。このアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進するほか、人に鎮静作用をもたらしてくれることもわかっています。

ストレスを軽減し、ゆったりとした気持ちで就寝時間を迎えられれば、気持ちよく眠りにつけることでしょう。また加齢と共に徐々に分泌量が落ちてしまう成長ホルモンですが、睡眠中に活性化すれば、疲労回復効果や美肌効果など、さまざまなメリットが期待できることでしょう。

睡眠不足や寝起きの悪さに悩んでいるのは大人だけではない


現代の日本において、睡眠不足や睡眠の質の低下に悩まされているのは、大人だけではありません。成長期の子どもであっても、睡眠に関する問題を抱えているケースが増えてきています。

子どもにとって睡眠は大人以上に重要なもの。心身共に健やかに成長していくためには、毎日きちんと眠り、スッキリとした寝起きで朝を迎えることが非常に大切なのです。良質な睡眠を確保することは、勉強やスポーツにおけるパフォーマンスを向上させることにもつながるはずです。

とはいえストレスや多忙など、さまざまな事情から「睡眠の質を向上させるのが難しい」なんてケースもあるでしょう。このような場合には、ぜひオルニチンで子どもの生活をサポートしてあげてください。

オルニチンは体内で合成されるアミノ酸の一つで、過剰摂取が体に悪影響を与えるケースはほとんど報告されていません。つまりオルニチンは、子どもにとっても安心して摂取できる栄養素であり、また健やかな日々をサポートしてくれるものなのです。

ストレスが重なり、睡眠不足に陥り、さらに悪化してうつ症状を訴えるような子どもも、決して珍しくはありません。こんな悪循環が生まれてしまう前に、ぜひオルニチンでストレス軽減、睡眠改善効果を目指してみてください。

アルギニンがもたらす成長ホルモンの分泌促進は、子どもの成長にとってもプラスになるものです。心も身体も大きく成長していけることでしょう。

またアンモニアの分解をスムーズにすれば、エネルギーをより効率よく生み出せるようになります。オルニチン効果で、新陳代謝もより活発になるはずです。

元気ではつらつとした健康的な子どもの成長に、欠かせない役割を担ってくれます。

子どもにとっても非常に魅力的な栄養素・オルニチンを摂取する場合には、

  • しめじやえのき、ひらたけなどのキノコ類
  • チーズ
  • マグロやヒラメなどの魚類

これらの食品を積極的に取り入れるのがオススメです。

中でもオルニチン含有量が多いことで知られるのがきのこ類ですが、残念ながら「きのこが苦手……」という子どもも少なくありません。日常の食事の中で無理なく食べられるよう、スープやカレーなどに取り入れてみるのもオススメの方法です。

より効果的に摂取したい場合には、サプリメントを検討してみるのも良いでしょう。大人向けの「二日酔い対策サプリメント」ではなく、子ども用の「成長期応援サプリメント」を選択すると、より安心できます。

睡眠改善につなげるためのオルニチン摂取のコツ


オルニチンをサプリメントで摂取する場合、「いつ飲むのが効果的なの?」と気になる方も多いことでしょう。

しかしオルニチンは医薬品ではありませんから、どのタイミングを選んでも問題はありません。もともとオルニチンは、食事の中にもごく普通に含まれている栄養素です。それを考えれば「たとえ食事の途中に摂取しても、問題はない」ということをお分かりいただけるでしょう。

とはいえ、睡眠改善やスッキリとした寝起きのために、特に働いてほしい!という場合には、やはりオルニチンが働くタイミングを見計らって摂取するのがオススメです。

就寝前、特にお腹が空いているときに飲むと効果的だと言われています。オルニチンの効果で、脳をじっくりと休められるような、深い睡眠がとれるのではないでしょうか。

一方で「就寝前の不安感を和らげたい」「ストレスからうまく寝付けない」といったお悩みを抱えている場合には、オルニチンサプリメントを飲むタイミングを、少し早めるのもオススメの方法です。食事の後など、わかりやすいタイミングで摂取すると、飲み忘れを防ぐことができます。

オルニチン摂取量は、特に決められていませんが、サプリメントの場合はパッケージに記載されている容量を守るのがオススメです。余計なトラブルを防ぐことができるでしょう。

最後に、睡眠改善のためにオルニチンを摂取する場合、大切なのは「一回あたりの量」や「摂取のタイミング」ではなく、「継続して摂取し続けること」です。

なぜなら睡眠負債とは、たった一日で改善できる問題ではないからです。「今日が眠れればそれで良い」と考えるのではなく、毎日きちんと良質な睡眠をとることこそが、健康や美容の秘訣となります。オルニチンの力を借りながら、少しずつ「快適な睡眠がとれる自分」へと変化していきましょう。

「食事からオルニチンをとる」場合には、「毎日継続する」ということは非常に難しくなってしまいます。しかしサプリメントであれば、継続は決して難しいことではありません。

まとめ

「肝臓」や「お酒」といったイメージが強いオルニチンに対して、「飲み会が多いサラリーマン向け」というイメージを抱いていた方も多いのではないでしょうか。

確かにオルニチンには、アルコール分解に作用するパワーもあります。しかしそれだけではありません。老若男女、あらゆる方々にとって身近な「睡眠」とも深く関わっているのです。

最近なかなか眠れないな……と感じたとき、「なんとかしなきゃ!」と思いながらも「忙しくてつい、対策を疎かにしている」なんて方も多いはずです。しかしこうした生活が続いていけば、将来的に大きなリスクを抱えることにもつながってしまいかねません。

日常生活の中で睡眠の質を高めるためには、生活リズムを整えることが大切だと言われています。毎朝決められた時間に起き、しっかりと太陽を浴びるのが効果的です。また適度な運動で体を疲れさせることや、ストレスを軽減することも重要だと言われています。

こうした生活リズムの改善は、オルニチンとセットで取り入れると非常に効果的です。日常生活の中で外からの働きかけを行いつつ、オルニチンを使って、体の内側からの働きかけも行っていきましょう。

安全性の高いオルニチンだからこそ、大人だけではなく子どもにもオススメできます。睡眠に関して何らかの不満を抱いたときには、ぜひオルニチンサプリメントの摂取を検討してみてください。

ぐっすりと眠れてスッキリと起きられる生活は、非常に心地よいものです。仕事や勉強、趣味や育児など……あらゆる物事に対して、意欲もわいてきそうですね。オルニチンは、きっと健やかな毎日をサポートしてくれますよ。

タグ: ,

その他のアミノ酸
寒暖差による体調不良にはトリプトファン!アミノ酸で自律神経を整えよう!

季節の変わり目には、何かと体調を崩しやすい……と感じている方も多いのではないでしょうか。季節が移り変 …

その他のアミノ酸
辛い手足の冷え性を放置しない!アルギニン摂取で体内から徹底サポート!

夏場の強すぎる冷房で、辛い手足の冷えに悩まされている方も多いことでしょう。冷えが原因でストレスを抱い …

その他のアミノ酸
日本人に不足しやすいアミノ酸の種類とは?摂取のコツもご紹介!

アミノ酸は、人間の体を構成し、健やかに保つために必要不可欠な栄養素です。 体内で合成することが可能な …