グルタミンは健康の守りの要

その他のアミノ酸

健康は腸からと言われているように、栄養分の吸収を行なう器官である腸が健康な状態であることは重要なポイントになります。

腸の健康をサポートするアミノ酸として「グルタミン」があります。グルタミンには腸の健康をサポートするだけでなく健康の守りの要の様な役割を果たしているとも言われています。
グルタミンの特徴について探ってみることにしましょう。

グルタミンにはどんな特徴があるの?

グルタミンは、1883年にサトウダイコンの搾りかすから発見されました。人間の骨格筋に蓄えられている「遊離アミノ酸」のおよそ6割がグルタミンになります。体内に最も多く存在するアミノ酸になります。また、グルタミンは体内で合成することが可能な「非必須アミノ酸」になります。

グルタミンには、強いストレスや風邪の影響を受けてしまうと消耗してしまうという特徴があります。

グルタミンのもう一つの特徴として熱を加えることで変性してしまうという特徴があります。グルタミンを含んだ食品として、豚肉、レバー、カニ、ホタテ、サトウキビ、トマト、大豆、小麦、乳製品等沢山あります。けれども熱を加えることで変性してしまうため、生で食べる必要がありますが、生で食べることが難しい場合もあります。そのため、サプリメントを利用することで食事からの不足分を補うことが可能になります。

また、グルタミンには体内でエネルギーが不足した時にエネルギー源に変化するという特徴があります。グルタミンはエネルギー源に変化する時に、インスリンの分泌を刺激することなくグルコース(ブドウ糖)に変換されます。そのため短時間で分裂する腸などの細胞のエネルギー源になります。

グルタミンがどんな働きをしているのか、研究が始まったのは発見から100年程経過した1980年代に入ってからになります。

グルタミンとグルタミン酸の違い

また、アミノ酸の中には、「グルタミン酸」と呼ばれている成分がありますが、グルタミンとどんな違いがあるのでしょうか?名前が似ているので、同じものと誤解されているケースもありますので、両者の違いについて見ておくことにしましょう。

どちらも「非必須アミノ酸」で、タンパク質を構成するアミノ酸である点では同じです。けれどもグルタミンとグルタミン酸では、体内での役割に大きな違いがあります。それぞれの主な役割について簡単に確認することで、その違いは明らかになるのではないかと思いますので、早速見てみることにしましょう。

まずは、グルタミンの主な働きから見てみることにしましょう。

グルタミンの主な働きとしては、腸の働きを助けたり、筋肉を強くして筋肉の疲労を回復したりする作用があります。
また、グルタミンには細胞を柔らかく保つことによってエネルギーや窒素の代謝に関わったり、認知症を防いだり、潰瘍の治癒を早めたりする働きを行なっていると言われています。

体内においては、グルタミン酸とアンモニアが結びついて、そこに「グルタミンシンテターゼ」という酵素が作用することでグルタミンが生成される仕組みになっています。
グルタミンの研究が詳しく行なわれ始めるようになったのは1980年代に入ってからになります。現在では研究が進み、様々なグルタミンの働きが解明されている状況です。

次に、グルタミン酸の働きについて見てみることにしましょう。

グルタミン酸のメインの働きとしては、脳において神経伝達物質としての働きがあります。グルタミン酸の神経伝達物質としての働きについては、2002年に生物医学・薬物療法において公表されています。ここで行なわれた検証によると、脳内のシナプスの神経を保持するための重要な働きをグルタミン酸が行なっていて、グルタミン酸は学習や記憶に関するものであると結論づけられています。

グルタミンとグルタミン酸の主な働きについて見て来ましたが、グルタミンは身体の器官の機能の維持やサポートを行ない、グルタミン酸は身体の神経系に関する役割を担っていることになります。
因みにうま味成分として有名なグルタミン酸は、「グルタミン酸ナトリウム」のことで、グルタミン酸も含まれています。

グルタミンの作用と働き

グルタミンとグルタミン酸の違いが分かりましたので、グルタミンの作用と働きについてもう少し詳しく探ってみましょう。グルタミンには次の様な作用や働きがあります。

腸の働きのサポートと修復

腸の働きを助けたり腸を修復したりする作用がグルタミンにはあります。
腸管の内部には、栄養を吸収するために絨毛とよばれている突起になっている部分があります。グルタミンには腸管内部の絨毛の栄養源としての役割があります。

腸管内部にある絨毛の細胞分裂は非常に頻繁に行なわれていて、新しい絨毛が次から次へと生成されています。古い絨毛が剥がれると、その下から直ぐに新しい絨毛が現れてくると言った具合に常に古い絨毛と新しい絨毛の入れ替わりが行なわれています。食事等から摂取した栄養をこうして取り込んでいることになります。
因みに絨毛の表面積は、平均的な大人の男性の体型の場合、テニスコートの一面に匹敵する広さになると言われています。

グルタミンの腸に関する働きや作用に注目して、現在では抗ガン剤の投与を受けている患者さんにグルタミンの摂取が行なわれています。

実は、抗ガン剤が投与されてしまうことで、新しい絨毛の生成が阻害されてしまいます。新しい絨毛が生成出来なくなってしまうと、人は栄養の吸収を行なうことが出来なくなってしまいます。グルタミンには、腸の絨毛の再生を助ける作用がありますので、グルタミンを摂取することで腸からの栄養吸収を行なうことが可能になります。
また、腸管は抗ガン剤が投与されたり細菌に感染してしまったりすることによって、萎縮してしまいます。けれども、グルタミンは萎縮してしまった腸管を再生する作用も備えています。

グルタミンに関する研究によると、外科手術等を行なった後には、骨格筋にあるグルタミンが腸管に作用して腸管からバクテリアが体内へ侵入するのを抑制する働きを行なっていることが判明しています。
グルタミンは医薬品として、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬として40年以上にわたって使われていますので、その効果や安全性の程はご理解頂けるのではないでしょうか?

免疫力アップ

グルタミンには、免疫機能をアップする作用があります。

そのため、様々なウイルスや細菌などの体内への侵入を食い止めるだけでなく、様々なアレルギー症状の軽減や改善なども期待されています。
グルタミンは、好中球、マクロファージ、リンパ球などの免疫細胞のエネルギー源になっています。そのため、こうした免疫細胞の増殖や活性化にはグルタミンは欠くことの出来ない成分になります。

つまりグルタミンを積極的に摂取することで免疫細胞が増殖して免疫レベルが高くなることになります。その結果、風邪等に感染しにくくなったりすることが可能になります。

傷の回復を早める

グルタミンには外科手術を行なった後の傷の回復を早める効果があることが広く知られています。

腹腔部の手術を行なった患者さんにグルタミンを含む成分の点滴を行うことで、傷の回復が加速して入院期間が短縮された等の事例が多くあります。
また、臨床試験ではグルタミンの投与等の療法を行なうことで、体内の窒素バランスがアップし、グルタミンの投与を行わなかったケースよりも、 顆粒球やリンパ球の回復が見られたの報告も行なわれています。

グルタミンは窒素の代謝に作用して、傷の回復や治りに必要なタンパク質の前駆物質になります。グルタミンのこうした働きによって外傷の治りをスピードアップする効果が期待出来ます。グルタミンが関わって生成される窒素量は大変多く、体内で生成される窒素量全体のおよそ3分の1に達しています。

筋肉の維持・増強

グルタミンには筋肉の分解を抑えたり、筋肉を維持したりする効果があります。
激しい運動などを行なうとエネルギーが不足してしまうことがあります。こうしたエネルギー不足を補うために、筋肉を構成しているタンパク質の分解が起こり、グルタミンが緊急のエネルギー源として供給されるようになります。

けれども、グルタミンを摂取しておくことで摂取して取り込んだグルタミンはエネルギーとして利用されるため、筋肉にあるタンパク質の分解を抑えることが出来ます。
そのため、多くのアスリートが筋肉を維持するためにグルタミンの摂取を積極的に行なっています。

また、グルタミンには筋肉の低下を防ぐ働きをします。筋肉にはエネルギー源としてグリコール(糖)が蓄えられていますが、グルタミンには筋肉のグリコールを蓄える能力を高める作用が期待されています。グルタミンには、運動によって起こる筋肉痛や筋肉疲労を緩和する働きがある重炭酸塩の分泌を促進する作用があります。そのため、運動の前後にグルタミンを摂取することで筋肉痛や筋肉疲労を緩和する作用が期待出来ます。

更に、グルタミンの筋肉の低下を防ぐ働きを利用して、運動することが出来ない患者さんにグルタミンを含んだ点滴が行なわれるケースもあります。

アルコールの代謝を促す

グルタミンには、アルコールの代謝を促進して、二日酔いを緩和する作用があると言われています。
ただし、アルコールの代謝を促すためには、グルタミンだけでなくアラニンも一緒に摂取することでその効果が高くなると言われています。

グルタミンもアラニンも体内でエネルギー源である糖を新たに生成するアミノ酸になります。この機能を持ったアミノ酸のことを「糖原性アミノ酸」と呼びます。エネルギー源になる糖を生成する過程で、アルコールの分解を行なう際に産生される補酵素の一種である「NADH」を利用することになります。そのため、肝臓でのアルコールの分解がスムーズに進められるようになると考えられています。
ラットを使った実験では、アルコールを与えてアルコール性肝炎に罹患したラットは、通常の水よりも、グルタミンとアラニンが入った水を好んで欲しがるという結果が公表されています。

また、アルコールを混ぜたエサを摂取させたラットをグルタミンとアラニンを投与したものと、投与しなかったもので、自発的な運動量を計測した実験によると、グルタミンとアラニンを投与したものは比較的早く運動量が増加したというデータが示されています。

更に、ラットにグルタミンとアラニンを投与すると、アセトアルデヒドと呼ばれている二日酔いの原因成分の血中濃度が下がっていることも判明しています。
これらのデータから、グルタミンとアラニンを一緒に取り入れることで、アルコール代謝が促される作用が期待出来ると言えるでしょう。

成長ホルモンの分泌を促す

グルタミンには成長ホルモンの分泌が促す作用も期待されています。
成長ホルモンには筋肉・骨・肌の修復や生成、疲労回復、やる気の向上、免疫システムのアップ等様々な効果が期待出来ます。

1997年のNutrition Science(栄養科学ニュース)では、グルタミンは体内の成長ホルモンの濃度を43%高めると公表されています。
成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されますので、睡眠前にグルタミンを摂取するようにすることで、成長ホルモン分泌の促進が期待出来ます。

グルタミンの摂取方法

それでは、グルタミンを効果的に摂取するにはどうすれば良いのでしょうか?目的別にご紹介しましょう。

筋肉の増強
筋肉の増強を目的としている場合は、運動後の摂取が最も効果的と言われています。摂取量は5gが目安です。
健康維持
健康維持を目的としている場合は、起床後や就寝前の摂取をおススメします。摂取量は5gが目安になります。
成長ホルモン分泌促進
成長ホルモンの分泌を促すことを目的としている場合は、就寝前の摂取が最も効果的でしょう。成長ホルモンは昼間も分泌されてはいますが、分泌量が少ないため、分泌量が最も多くなる睡眠中の分泌量を増やすのが最も効果的と言われています。
アルコールの代謝促進

アルコールの代謝を高めるのが目的の場合は、グルタミンだけでなくアラニンも合わせて摂取する必要があります。

ラットによる実験結果によると、グルタミンとアラニンを摂取することでアルコールを摂取してから3時間後にはアルコールの血中濃度はほぼゼロになっていますので、飲酒後に摂取しても翌日にアルコール疲労を残す可能性はかなり低くなると言えそうです。

体内に最も多く存在するグルタミンの特徴や働きについてご紹介して来ましたが、実に様々な働きを行なっているアミノ酸であることがお分かり頂けたのではないでしょうか?グルタミンが体内に最も多く存在している理由は、それだけ活躍の場面が多いアミノ酸だからとも言えそうです。

医薬品として医療現場でも40年以上にわたって使われているアミノ酸ですので、その効果や安全性についてもお墨付きです。
グルタミンは、小麦、大豆、昆布、チーズ等に多く含まれていますので、食べ物から摂取することも可能ですが、身体にストレスが加わってしまうと沢山消費されてしまうという特性がありますので、サプリメントでの摂取も併用した方がより高い効果を感じることが出来るでしょう。

タグ: , , , ,

その他のアミノ酸
寒暖差による体調不良にはトリプトファン!アミノ酸で自律神経を整えよう!

季節の変わり目には、何かと体調を崩しやすい……と感じている方も多いのではないでしょうか。季節が移り変 …

その他のアミノ酸
辛い手足の冷え性を放置しない!アルギニン摂取で体内から徹底サポート!

夏場の強すぎる冷房で、辛い手足の冷えに悩まされている方も多いことでしょう。冷えが原因でストレスを抱い …

その他のアミノ酸
日本人に不足しやすいアミノ酸の種類とは?摂取のコツもご紹介!

アミノ酸は、人間の体を構成し、健やかに保つために必要不可欠な栄養素です。 体内で合成することが可能な …