アルギニンに秘められた嬉しい効果と作用

アルギニンの嬉しい効果
その他のアミノ酸

身長を伸ばすアミノ酸として大きく注目されている「アルギニン」ですが、それ以外にも沢山の効果や作用が期待されています。具体的にどんな効果や作用があるのかご紹介したいと思います。

 

「アルギニン」とは?

「アルギニン」の期待されている効果や作用について見てみる前に、「アルギニン」とはどんなアミノ酸なのか確認しておくことにしましょう。

「アルギニン」が発見されたのは今からおよそ230年前の1886年で、二人のドイツ人によって発見されました。ギリシャ語の「argyros(アルギュロス)」が語源となっており、これは「きれいな銀色のかがやき」という意味です。

アミノ酸には様々な種類のものがありますが、「アルギニン」はタンパク質を構成する成分のひとつとして知られています。タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されているのは、多くの方がご存知の事でしょう。

このたんぱく質を構成しているアミノ酸の内、体内で合成することが出来ないため食品などから積極的に摂取することが必要なアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。「トリプトファン」、「リシン」、「メチオニン」、「フェニルアラニン」、「トレオニン」、「バリン」、「ロイシン」、「イソロイシン」、「ヒスチジン」の9種類のアミノ酸が必須アミノ酸に分類されています。

この必須アミノ酸とは違って、体内で合成することが出来るアミノ酸のことを「非必須アミノ酸」と呼んでいます。「アルギニン」、「グリシン」、「アラニン」、「セリン」、「チロシン」、「システイン」、「アスパラギン」、「グルタミン」、「プロリン」、「アスパラギン酸」、「グルタミン酸」の11種類のアミノ酸がこれに当たります。

この「非必須アミノ酸」の内、不足しがちなアミノ酸が「準必須アミノ酸」になります。「アルギニン」はそのうちのひとつです。

「アルギニン」の期待される効果・作用

それでは、「アルギニン」には、どんな効果や作用が期待されているのか探ってみることにしましょう。

次の様な効果や作用が期待されています。

成長ホルモン分泌促進作用

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されますが、「アルギニン」には脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。成長ホルモンと言うと幼児期にのみ重要なホルモンのように思ってしまわれがちですが、成人にとっても大変重要な役割を果たしています。細胞や傷の修復が促進されたり、筋肉などの合成が促進されたりするようになります。

体内の解毒に関わりエネルギーの産出を活性化

「アルギニン」の体内での重要な役割のひとつとして、体内に発生したアンモニアを無毒化する「オルニチンサイクル(尿素回路)」の働きへの関わりがあります。

これは、体内に発生したアンモニアが肝臓内にあるオルニチンと反応することで、最終的に「アルギニン」に変化し、この「アルギニン」から尿素と一酸化炭素が放出されてオルニチンになるという体内で行なわれている代謝回路になります。

エネルギーの産出を行なう際に、アンモニアはその産出を邪魔してしまう物質になります。「オルニチンサイクル(尿素回路)」によるアンモニアの無毒化を「アルギニン」が補助することによって、より円滑なエネルギーの産出が可能になります。

血管拡張と血流の改善

体内に取り込まれることによって、「アルギニン」は一酸化窒素(NO)に変化します。一酸化窒素には、血管を拡張したり、血流を改善したりする作用があります。こうした作用があることから「アルギニン」は生活習慣病である動脈硬化や心筋梗塞の予防効果も期待されています。

運動能力の向上

運動前に「アルギニン」を摂取することによって、一酸化窒素が生成されて血管の拡張効果が起こります。このことによって身体の隅々にまで十分な栄養や酸素が行きわたることになります。その結果として持久力が高まったり、疲労回復が早くなったりすることで運動能力の向上が期待されています。また、成長ホルモンの分泌が促進されることで筋肉などの組織が強化されることも期待されています。

美容効果

「アルギニン」には、肌の保湿作用があることが確認されています。そのため水分不足による肌荒れを防ぎ潤いのある美肌作用も期待されています。

また、「アルギニン」は美容効果が期待されているコラーゲンの生成にも関与しているアミノ酸のひとつとして考えられています。

ダイエット効果

「アルギニン」によって分泌が促進されると考えられている成長ホルモンには様々な効果があると言われています。その中には糖質や脂肪を調整する効果がありますので、ダイエット効果が期待されています。

男性機能のアップ

「アルギニン」には、一酸化窒素に変化することによる血管拡張作用と血流改善作用があります。性機能の問題の原因のひとつとして血行不良も考えられていますので、「アルギニン」による男性機能のアップが期待されています。

「アルギニン」に期待されている効果・作用が発揮できる理由

「アルギニン」に期待されている効果や作用を見て来ましたが、それではその理由としてどのようなものがあるの確認してみることにしましょう。

次のような3つの作用が「アルギニン」にはあるためと考えられています。

  1. 成長ホルモンの分泌の促進と活性化
  2. 一酸化窒素(NO)に変化することによる血管の拡張と血流の改善
  3. 一酸化窒素(NO)に変化することによる免疫細胞マクロファージの活性化

中でも、注目すべきコメントとして、1998年に一酸化窒素(NO)の作用による研究によってノーベル医学・生理学賞を受賞したイグナロ博士のコメントがあります。博士のコメントをまとめると次のようになります。

  • 2000年頃から多くの人が「アルギニン」と「シトルリン」を摂取しており良い結果が出ている。
  • 「アルギニン」は胃腸管内やアルギナーゼに破壊されてしまうため血管内皮細胞にたどり着くのは大変少ないので、沢山摂取することが必要。
  • 一酸化窒素(NO)をより多くするには、「アルギニン」と「シトルリン」の組み合わせが重要な鍵になる。
  • 「アルギニン」の摂取が下がると一酸化窒素(NO)の量も低下するので、毎日摂取することが大切。

いかがでしょうか?

「アルギニン」は現在、幼児期の間に限って準必須アミノ酸として指定されていますが、不足しがちなアミノ酸であることが、イグナロ博士の説明によってより明確になったのではないでしょうか?

また、イグナロ博士の説明によると「アルギニン」は一酸化窒素(NO)を生成するのではなく、一酸化窒素(NO)に変化するのだとコメントしていますので、この違いは大切と言えそうです。

成長ホルモンの分泌促進作用によって期待出来る効果

それでは、それぞれの作用によって期待出来る効果についてもう少し詳しく探ってみることにしましょう。

まずは、成長ホルモンの働きから確認しておきましょう。

  • 細胞や組織の成長促進
  • 体の成長(骨、筋肉、内臓、血管など)促進
  • 代謝の調整
  • 脳の疲労回復
  • 脂肪燃焼
  • 免疫力の強化
  • 体組織(肌、骨、内臓、筋肉など)の修復・再生など

つまり、成長ホルモンの分泌が促進されることで、上記のような効果が期待出来るということになります。

成長ホルモンを分泌させるためには、睡眠が重要になって来ますので「アルギニン」の摂取と同時に質の高い睡眠を心がけることが大切になります。

また、最近ではアミノ酸の効果としてダイエット効果について注目されていますので「成長ホルモンと太りやすさ」の関係について少し説明しておくことにしましょう。

ダイエットには成長ホルモンの分泌量もダイエットを大きく左右する要因になっています。

成長ホルモンの働きとして、体組織の修復や再生がありますが、その際、体内にある脂肪などを分解してエネルギーとして使います。

成長期は、成長ホルモンの分泌量が多いため、睡眠中に沢山のエネルギーを使うことができます。けれども、大人になると成長ホルモンの分泌量が減少してしまいますので、睡眠中に消費するエネルギーは減少してしまいます。ダイエットを成功させたいのであれば、成長ホルモンの分泌を促進する「アルギニン」を摂取することは、重要なポイントになって来ます。ダイエット効果だけでなく、睡眠中の体組織の修復・再生も促進効果も期待出来ますので、美容面と健康面での効果が期待出来ると言えるのではないでしょうか?

一酸化窒素(NO)による作用

次に「アルギニン」が一酸化窒素(NO)に変化することによる作用や期待出来る効果について探ってみることにしましょう。

一酸化窒素(NO)に期待される作用や効果には次のようなものがあります。

血管平滑筋の弛緩作用(血管の拡張作用)

血管平滑筋とは血管の収縮作用を行なっている筋組織になります。骨格筋や心筋と異なり収縮速度が遅いのが特徴です。一酸化窒素(NO)によって血管平滑筋の弛緩作用、つまり血管の拡張作用が起こり、それによって血流が改善される効果が期待出来ます。

血小板凝集の抑制効果

血管が破れたときに、血液中の血小板は傷口で活性化されます。そして粘着し、凝集し、血小板の塊を作って止血しようとしますがそうして出来た血小板の塊が血小板凝集になります。こうした状態が進んでしまうと脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気を引き起こしてしまうことになります。つまり、血小板凝集を抑制することで、脳梗塞や心筋梗塞の予防が期待出来ることになります。

好中球などによる、スーパーオキシド産生の抑制作用

好中球とは、白血球の血球成分の一種になります。白血球の約50~70%が好中球で、白血球の中で最も多い血液細胞になります。一酸化窒素が作用することでこうした働きに加えてスーパーオキシドの産生を抑える効果が期待されることで、アンチエイジング効果や動脈硬化の予防が期待出来ます。

LDLコレステロールの酸化抑制効果

悪玉コレステロールとも呼ばれているLDLコレステロールですが、LDLコレステロールが酸化して「酸化LDL」に変化することによって、動脈硬化が進行していきます。白血球の「マクロファージ(貪食細胞)」は、通常のLDLコレステロールに対して反応をすることはありません。けれども、酸化LDLは異物とみなして、細胞内に取り込んで貪食します。

酸化LDLを大量に取り込んだマクロファージは、「泡沫細胞」となり、動脈壁に蓄積し動脈硬化を引き起こしてしまいます。

一酸化窒素(NO)によってLDLコレステロールの酸化が抑制出来れば、動脈硬化を防ぐことが期待出来ます。

免疫細胞マクロファージの活性化

マクロファージが活性化されることで、免疫力のアップが期待出来ます。マクロファージはTヘルパー細胞と共同で、TNFα(腫瘍壊死因子)、IL12(インターロイキン12)、INFα(インターフェロンα)などのサイトカイン放出に関与していますので、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの活性化にもつながっています。

ここでサイトカインについて少し説明しておくことにしましょう。

サイトカインとは、細胞から放出されて、免疫作用・抗腫瘍作用・抗ウイルス作用・細胞増殖や分化の調節作用を行なうタンパク質のことを言います。

サイトカインは、免疫・炎症反応などに関係しており、感染防御など、様々な疾患の発症を抑えるための重要な役割を担っています。

「アルギニン」の効果的な摂取方法

サプリメントで「アルギニン」摂取するなら、効果的な摂取方法を良く理解した上で摂取することが大切です。

運動能力のアップを目的とされている方は、運動前に摂取されることは重要なポイントになります。「アルギニン」は摂取後1時間で血中濃度が最大になると言われていますので、運動をされる方はベストな状態に持って行けるように摂取タイミングを調整することも重要です。運動後の疲労回復を早めるために運動後にも摂取することは効果的です。

また、就寝前に摂取することで、体組織の修復・再生が活性化されると考えられています。就寝前の摂取は、疲労回復などの効果が期待出来ます。

まら、何度かに分けて摂取した方が効果的と言われています。より高い効果を得たい方は食後ではなく食前に摂取するのもおススメです。

「アルギニン」の効果について、様々な角度から検証して来ましたが、成長ホルモン分泌促進作用と一酸化窒素(NO)に変化するという特徴があるため、様々な効果や作用が期待出来るアミノ酸と言えるのではないでしょうか?

タグ: , , , , ,

その他のアミノ酸
寒暖差による体調不良にはトリプトファン!アミノ酸で自律神経を整えよう!

季節の変わり目には、何かと体調を崩しやすい……と感じている方も多いのではないでしょうか。季節が移り変 …

シトルリン
シトルリンが筋トレに役立つって本当?シトルリンパワーでトレーニングを効果的に!

より魅力的で強いボディを目指して、毎日筋トレに励んでいる方も多いことでしょう。何らかのスポーツに取り …

その他のアミノ酸
辛い手足の冷え性を放置しない!アルギニン摂取で体内から徹底サポート!

夏場の強すぎる冷房で、辛い手足の冷えに悩まされている方も多いことでしょう。冷えが原因でストレスを抱い …