成長と修復に欠かすことの出来ないアルギニン

その他のアミノ酸

大人と子供で、アミノ酸の分類が変わってくるアミノ酸として「アルギニン」があります。どうして分類が変わってくるのでしょうか?
アルギニンの特徴や期待出来る作用について見てみることにしましょう。

アルギニンの特徴

まず初めに、アルギニンにはどんな特徴があるのか、みてみることにしましょう。

アルギニンは、ルピナスというマメ科の植物の芽から1886年に発見されました。「非必須アミノ酸」の一種でタンパク質の構成成分のひとつになります。
アルギニンは体内で合成することが出来るアミノ酸ですが、お子さんは、アルギニンを体内で十分に生成することが出来ないため、食事などから意識して摂取する必要があります。そのため、「準必須アミノ酸」と言われています。そのため、アルギニンはお子さんの成長には欠かすことの出来ないアミノ酸になります。どうしてそう言われているのでしょうか?その理由をチェックしてみることにしましょう。

成長ホルモンの分泌を促す

アルギニンがお子さんの成長に欠かせないものと言われている理由に、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。アルギニンは医療現場で成長ホルモンの分泌を促進する試薬として利用されています。
成長ホルモンが十分に分泌されることで次のような効果が期待出来ます。

  • 組織の成長を促す
  • 代謝の調整

どちらもお子さんの成長を促すのに欠くことの出来ない要素と言えます。

疲労回復

食事として摂取されたタンパク質は、腸内で分解されるときにアンモニアを発生してしまいます。アンモニアは疲労物質であると同時にエネルギーの生成を妨げる物質でもあります。そのため、無毒化して体外へ排出する必要が出て来ます。

この重要な働きをしているのが「尿素回路(オルニチン回路)」と呼ばれているサイクルになります。アルギニンは、この尿素回路(オルニチン回路)に関与しているアミノ酸の一種になります。このサイクルでアンモニアが無毒化されることで、疲労回復が期待出来ます。
塾通いやクラブ活動で忙しい毎日を送っているお子さんにとっても必要な成分と言えます。

血管を広げて血流を改善

健康を保つためには、身体の隅々にまで酸素と栄養が行きわたることは重要なポイントになります。そのためには、血液の流れがスムーズであることと豊富な血流量があることが大切です。
アルギニンを摂取することで、一酸化窒素(NO)が発生することになります。一酸化窒素(NO)には血管を広げて血流が改善される作用が期待出来ます。
最近お子さんの冷えや低体温が増加していると言われています。血流を改善することで、お子さんの冷えや低体温の緩和も期待出来ます。

筋肉の減少防止

体内のエネルギー源として最初に使われるのは、糖質になります。けれども、激しいスポーツをすることで、糖質をエネルギーとして使いきってしまうと、脂肪や筋肉を分解してエネルギーに変えるようになります。

脂肪は食事を取ることで直ぐに補うことが出来ますが、筋肉が分解されてしまうと元に戻すのは大変です。
特に育ちざかりのお子さんの筋肉が分解されてしまうのは何としても防止したいものです。アルギニンを運動前に摂取しておくことで、エネルギー源として働いてもらえます。更に、アルギニンには筋肉の分解を阻害するインスリンの分泌を促す作用がありますので、筋肉の減少を防止することが出来ます。

免疫力向上

アルギニンには、免疫細胞を活発にする作用もあります。免疫細胞が活発になることで、ウイルスや細菌などの攻撃から守ってもらうことが出来ます。
毎年インフルエンザの季節になるとインフルエンザの罹患が心配ですが、免疫力をアップすることで風邪やインフルエンザにかかりにくい身体作りを行なうことが期待出来ます。
特に受験シーズンに流行してしまうインフルエンザは、受験を控えたお子さんにとっては将来を左右する重大な悩みと言えるのではないでしょうか?

大人にも嬉しいアルギニンの作用

アルギニンの子供にとって必要な特徴について見て来ましたが、アルギニンには大人にも嬉しい作用が沢山あります。
大人にも嬉しいアルギニン作用について探ってみることにしましょう。

糖化抑制

アルギニンには「糖化」を抑制する作用があると言われています。
糖化は「体のコゲ」と言われている現象ですが、様々な健康被害を生み出すことが知られています。ここで糖化について簡単に確認しておくことにしましょう。

糖化とは?
糖とタンパク質や脂質が結合することを「糖化」と言います。血液中ある過剰な糖分と、体内にあるタンパク質や脂質と結合することで、AGE(糖化最終生成物)が生成されることになります。このAGEは老化を促してしまう作用があるものになります。発見者の名前に由来して「メイラード反応」と呼ばれることもあります。
糖化の厄介なところは、身体のあらゆる場所で起こってしまう点にあります。コラーゲン繊維部分で糖化が起こってしまうと、肌のハリが失われてしまうことになります。髪のタンパク質に糖化が起こってしまうと、髪の艶やハリがなくなってしまいます。
また、糖化による老廃物が肌に付着してしまうとシミ等になってしまいます。血管で起こってしまうと血管がもろくなってしまい、ドライアイや白内障等も引き起こしてしまうことになります。
更にアルツハイマー型認知症との関連も指摘されています。

糖化がいかに深刻な健康被害をもたらすものかお分かり頂けたのではないかと思います。糖化は出来れば、水際で止めておきたいものと言えます。

コラーゲン増加で美肌効果

アルギニンには、コラーゲンを増加させる作用があります。コラーゲンが増えることでシワやたるみが改善されたりします。コラーゲンが増えることで肌の柔軟性が増して行きます。血液の流れが良くなることで、くすみが解消され肌の色つやが良くなります。コラーゲンを増加させる効果があるのは、アミノ酸の中でもアルギニンだけと言われています。
また、コラーゲンの生成が促されることで、傷の治りが早くなる作用も期待出来ます。

骨粗しょう症予防・改善

アルギニンには骨粗しょう症の予防・改善にも効果があると言われています。それは、アルギニンに成長ホルモンの分泌を促進する作用があるためです。大人の場合成長ホルモンによって骨の健康を維持することが可能になります。これは成長ホルモンには骨芽細胞への骨形成を促す働きと、破骨細胞への骨吸収を促す働きがあるからです。
ご存知の方も多いとは思いますが、骨粗しょう症について簡単に見ておくことにしましょう。

骨粗しょう症とは?
骨粗しょう症とは、骨の量が減ってしまったり、骨の質が悪くなったりすることによって、骨がもろくなり、骨折しやすい状態になる病気です。
健康な骨の場合は、骨の内部に多くの棒状の骨が縦横に繋がった状態になっており、これで骨の強さを保っています。けれども、骨粗しょう症になってしまうと棒状の骨が細くなってしまったり、途中で切れてしまったりするようになります。骨全体の太さは同じでも内部が弱くなってしまうことによって折れやすくなってしまいます。
骨粗しょう症の原因は、骨の新陳代謝のバランスが崩れてしまうことにあると言われています。骨には、古くなったしまった骨を溶かしてカルシウムとして排出する作用(骨吸収)と骨が溶けてしまった部分にカルシウムを補う作用(骨形成)があるのですが、このバランスが取れていれば、骨は健康な状態を保つことが出来ますが、このバランスが崩れてしまうと骨粗しょう症になってしまうことになります。

また、アルギニンが骨粗しょう症に対して改善効果がある理由として成長ホルモンの分泌を促進する作用があることだけではなく、アルギニンならではの理由があります。それは、アルギニンにはコラーゲンの生成を促す作用がある点にあります。

骨=カルシウムと思っている方も多いかも知れませんが、骨を構成している成分はカルシウムだけではありません。

骨の体積のおよそ半分はカルシウムで出来ていますが、残りのおよそ半分はコラーゲンで構成されています。骨を建物に見立てると分かりやすいので、鉄筋コンクリ―ト作りの建物にたとえて説明することにしましょう。カルシウムは建物のコンクリート部分に相当し、コラーゲンが鉄筋の部分に相当します。
つまり、骨粗しょう症を防ぐためには、カルシウムを摂取して「骨の量」を増やすと共に、コラーゲンを摂取して「骨の質」を高めることが大切ということになります。

男性機能の改善・向上

アルギニンには、男性機能の改善・向上作用も期待出来ます。アルギニンは尿素回路(オルニチン回路)の働きに関与していますので、一酸化窒素(NO)の生成をサポートしています。一酸化窒素(NO)には、血管拡張作用があるため、それによって血液の流れが改善されます。血流が増えることで、男性機能器官にある海綿体への血流が大量に流れ込むことが期待出来ます。海綿体は静脈の集合体になりますので、血流が増えることで膨張します。

また、アルギニンは精子の構成成分ですので、重要な役割を果たしているものと言えます。けれども、他のサプリメントと合わせることで精力作用はアップすると言われています。
「亜鉛」を摂取することで、精子の生成作用はアップすると言われています。亜鉛は前立腺に多く存在する微量ミネラルになります。
また、男性ホルモンを増やすことも重要な要素になります。男性ホルモンを増やすためには自律神経を整えることが必要になりますので、「トリプトファン」はおススメです。

肌の潤いを保つ作用

アルギニンは肌の潤いを保つ作用があります。肌は角質層、表皮層、真皮層から成り立っていますが、角質層の水分が足りなくなってしまうことで肌が乾燥してしまうことになります。

角質層の水分の潤いを保つためには、NMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれている天然保湿成分の働きが必要になって来ます。このNMFのおよそ40%を構成しているのがアミノ酸になります。アルギニンには角質層の潤いを保つ作用があることが分かっています。

アルギニンを含む食品

アルギニンの特徴や期待出来る作用について見て来ましたが、食品から摂取するためにはどうすればよいのでしょうか?
アルギニンを含む食品について確認してみることにしましょう。次の食品に多く含まれています。

大豆と大豆加工食品

大豆加工食品にはアルギニンが多く含まれています。湯葉には100g当たり4,400mg、高野豆腐には4,100mg含まれています。お豆腐や納豆は湯葉や高野豆腐に比べるとアルギニンの含有量は少なくなってしまいます。
また、大豆には、100g当たり2700mgのアルギニンが含まれている上に、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。大豆と大豆加工食品はカロリーが低いので良質なタンパク源と言えます。

肉類

やはり、お肉にはアルギニンが多く含まれています。中でも豚のゼラチンは他の食品の追随を許さないレベルです。100g当たり7,900mgという凄いレベルです。お肉のゼラチンにはどの種類であっても100g当たり1,300mg~1,400mgアルギニンが含まれています。お肉はアミノ酸のバランスが良い反面、カロリーが高くなってしまいますので、野菜を沢山取るようにすることが大切です。

魚介類

魚介類の中では、かつお節、エビ、マグロにアルギニンが多く含まれています。かつお節に含まれているアルギニンは100g当たり4300mg、エビに含まれているアルギニンは100g当たり2,000mgで、お肉のおよそ1.5倍あります。マグロのアルギニン含有量は100g当たり1,400mgとお肉とほぼ同じですが、ビタミンB6が含まれていますので、アルギニンの吸収率が高くなります。

ナッツ類

ナッツ類にもアルギニンは多く含まれています。ピーナッツには100g当たり3,200mg、くるみには100g当たり 2,200mg、アーモンドには100g当たり2,100mg含まれています。ナッツ類の良い点は他の食品に比べて手軽に持ち歩くことが可能な点にあります。小腹が空いたときにおやつ代わりに食べることで、手軽にアルギニンを補充することが出来ます。

アルギニンは、比較的食べ物から摂取しやすいアミノ酸ではあると思いますが、外食が多い方などはサプリメントと併用されることで毎日不足なく摂取することが可能になります。

アルギニンはお子さんの成長に欠かすことの出来ないアミノ酸であるだけでなく、大人にとっても様々な嬉しい作用があることがお分かり頂けたのではないかと思います。

アルギニンはサプリメントの利用以外にも様々な場面で利用されています。シャンプーや洗顔フォーム、ボディーソープ等の界面活性剤としても利用されています。また、髪の毛への刺激が少ないためパーマ液にも利用されています。アルギニンをパーマ液に使用することで、以前のアンモニア特有の臭いがなくなっただけでなく、アルギニンの誘導体の作用によって髪の水分量が増えて髪質の改善作用も期待出来ます。

アルギニンは暮らしの中で様々な活躍を続けるアミノ酸と言えそうです。

タグ: , , ,

その他のアミノ酸
寒暖差による体調不良にはトリプトファン!アミノ酸で自律神経を整えよう!

季節の変わり目には、何かと体調を崩しやすい……と感じている方も多いのではないでしょうか。季節が移り変 …

その他のアミノ酸
辛い手足の冷え性を放置しない!アルギニン摂取で体内から徹底サポート!

夏場の強すぎる冷房で、辛い手足の冷えに悩まされている方も多いことでしょう。冷えが原因でストレスを抱い …

その他のアミノ酸
日本人に不足しやすいアミノ酸の種類とは?摂取のコツもご紹介!

アミノ酸は、人間の体を構成し、健やかに保つために必要不可欠な栄養素です。 体内で合成することが可能な …