その頭痛はヘルペスが原因かも?リジンで免疫力をサポートしよう!

リジン

日常生活の中で、突然やってくる頭痛に悩まされる方は、決して少なくありません。頭が痛くなりそうな予感がすると、「あぁ、またか……」なんて、ストレスを感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

頭痛の原因はさまざまですが、その中には「リジン」で予防できるものがあるということをご存じですか?

「辛い頭痛をなんとかしたい!」「アミノ酸の一種であるリジンと頭痛、どこに関連性があるの?」と思う方に向けて、詳しい情報を紹介していきます。頭痛の予防ケアについて気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

頭痛の中にはヘルペスウイルスが関連しているものがある!


頭痛といえば、「風邪やインフルエンザのときに悩まされる症状の一つ」という印象を抱く方も多いことでしょう。この場合、風邪やインフルエンザが治癒すると共に、辛い頭痛も治まっていきます。頭痛薬を飲んだり、原因となっている病気の治療をしたりしながら、うまく対処していくのがベストです。

しかし頭痛の原因は、こうした「わかりやすい病気」だけではありません。頭痛の中には、「原因がはっきりしないものの痛みに悩まされてしまう」なんてケースも少なくないのです。

原因がはっきりしない頭痛の一つとして、広く知られているのが「偏頭痛」です。20代から40代の女性が悩まされやすいと言われていますが、ストレスや疲れを感じているときに、辛い症状に悩まされるケースが多いようです。

また「群発頭痛」も、「頭痛持ち」が悩まされやすい頭痛症状の一つです。目の奥に鋭い痛みを感じるのが特徴的で、1年に1~2回のペースで、1~2カ月の間、毎日のように辛い頭痛に悩まされることになります。


実は近年、この偏頭痛や群発頭痛の中に、「帯状疱疹ウイルスが関係しているものがある」ということが分かってきています。帯状疱疹と言えば、ヘルペスウイルスへの感染が原因で引き起こされる病気ですが、一度ウイルスが体の中に入ると、知覚神経節の神経細胞核中に遺伝子の形で存在し続けるという特徴があります。

体が弱ったときには、再度ウイルスが活性化して、人々の体にさまざまな辛い症状をもたらします。偏頭痛などの頭痛発作の重症化も、ヘルペスウイルスの活性化がもたらす症状の一つです。つまり、ヘルペスウイルスの活性化を予防することが、辛い頭痛症状の軽減につながる可能性もあるということです。

「頻繁に起きる頭痛をなんとかしたい!」と思っているときには、頭痛とヘルペスウイルスの関連性にも目を向けた上で、適切な対処法を実践するのがオススメです。

ヘルペスウイルスとリジンの関連性とは?

リジンは必須アミノ酸のひとつです。
辛い頭痛の中には、ヘルペスウイルスが関連しているものがあるとわかったところで、次に気になるのが「ヘルペスウイルスとリジンの関連性について」です。実はリジンは、ヘルペスウイルス対策として、積極的に摂取する方も多い栄養素なのです。

そもそもリジンとは、人間の体を構成するタンパク質を作るために必要なアミノ酸の一種です。リジンを含めたアミノ酸をバランスよく摂取することで、私たちは健康的な生活を維持することができるのです。

リジンがヘルペスウイルス対策に良いとされているのは、リジンが「細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ抗体」の原料として使われているためです。つまりリジンを積極的に摂取することが、人間の体が持つ免疫力のサポートにつながるというわけですね。

さて、ヘルペスウイルスの場合は、「新たに感染して悩まされる」というよりは、「幼い頃に感染したウイルスの再発によって、幾度となく悩まされる」というケースがほとんどです。では具体的に、どのようなタイミングを狙ってウイルスが暴れだすのかというと、「免疫力が低下しているとき」なのですね。


普段、免疫力がしっかりと働いている状況であれば、その監視下にあるウイルスが自由に暴れることはできません。しかし免疫力が下がってしまうと、体内に潜むウイルスの活動を、抑えることが難しくなってしまうのです。つまり私たちの免疫力とは「外からやってくる病気」を予防するだけではなく、「体の中に潜んでいる病気」からも、身を守るために働いている、というわけです。

リジンを積極的に摂取して、免疫力を高めることができれば、体の中に潜んでいるヘルペスウイルスを、しっかりと制圧することができます。ヘルペスウイルスが暴走することがなければ、頭痛症状の悪化についても、予防できる可能性が高まるということになります。

もちろんリジンが予防できるのは、ヘルペスウイルスが重症化させる頭痛だけではありません。「ストレスが蓄積して免疫力が下がってくると、すぐに口唇ヘルペスができてしまう!」と悩む方も多いですが、リジンはこの、口唇ヘルペスの予防目的で活用することも可能です。

また辛い口内炎の中にも、リジンで予防効果を期待できるものも少なくありません。頭痛だけではなく、さまざまな不快症状を取り除くことができるのが、リジンの魅力でもあります。ぜひ積極的に摂取することを、検討してみてください。

頭痛は「頭痛薬」で対処するのがベストとは限らない?


ストレスフルな毎日を生きる現代人の中には、辛い頭痛に悩まされる方も少なくありません。偏頭痛の場合、そのほとんどは「我慢できる範囲の頭痛」となっています。「頭が痛い」と感じていても、寝込んだり病院に行ったりするレベルではなく、「市販薬を飲めば我慢しながら乗り切れるレベル」であるケースがほとんどなのです。

また偏頭痛の場合は、年に数回、もしくは月に数回という頻度でやってくるもの。「いちいち深く考えていられない!」という事情もあるでしょう。問題を根本から解決することを諦め、「症状が出た際に、取りあえずその痛みを軽減する」という形で対処している方も少なくありません。

近年では、薬局などでも頭痛薬が手軽に入手できますし、「手放せない」と感じている方も多いことでしょう。しかし頭痛の中には、「鎮痛薬の乱用が原因で引き起こされる頭痛」というものも存在しており、注意が必要となります。

「頭痛に悩まされるのが嫌だから」と、予防ケア的に鎮痛剤を服用するようになれば、その鎮痛剤が頭痛を引き起こす要因になってしまう可能性があります。「毎日のように頭痛薬を飲んでいる」という場合は、注意した方が良いでしょう。

リジンであれば、同じく「頭痛を予防する目的」で摂取できますし、体にとって必要なアミノ酸の一種でもあります。もともと日本人にとっては、不足しやすい必須アミノ酸の一種として知られていて、積極的に摂取できるよう、推奨されている栄養素の一つとしても知られています。

リジンで免疫力を高めて、「頭痛で悩まされにくい体質」へと近づけていくことが、より健康的な生活を送るための秘訣とも言えそうですね。

リジンはサプリメントで摂取してもOK!


リジンはもともと、体内で合成することができない、必須アミノ酸の一種です。体内で他の物質から合成できないにも関わらず、人間の体を維持するためには必要な栄養素ということは、「毎日の食事で、継続的に摂取し続ける必要がある」ということです。

リジンは肉類や魚類、大豆などに多く含まれていますが、米や小麦には少ないという特徴があります。つまり「丼もの」や「麺類」など、「ワンメニューで食事を完了させがちな方」にとっては、特に不足が疑われる栄養素なのです。

普段の生活の中で、「アミノ酸摂取量について意識する」ということは少ないかもしれません。またリジンが多少不足していても、それに伴う不具合を、すぐに実感できるわけでもありません。

しかし「免疫力」という側面から見ると、リジン不足が悪影響を与えるのは事実であり、「昨日はしっかりと免疫力が発揮できていたから、今日はもう大丈夫」というものではないというのも明らかです。

つまりリジン摂取で、高い免疫力をキープしようと思えば、「毎日確実に必要十分量のリジンを摂取する必要がある」ということです。日々の食事に含まれるリジンの量を計算しつつ、適切なバランスを維持していくことは、決して簡単なことではありません。


だからこそオススメなのが、リジン配合のアミノ酸サプリメントです。サプリメントであれば、日々の食生活の中で不足しがちな栄養素も、素早く、そして確実に補給できるという特徴があります。

サプリメントを摂取する習慣を身につけることで、「昨日はリジンを摂取できていたけれど、今日は不足してしまった……」なんて状況を、防ぐことも可能となります。

普段から「免疫力の低下」や「頻繁な頭痛」が気になっている方は、サプリメントからのリジン補給を検討してみてください。手間なく素早く、こうした自身の体を自分で守る仕組みを整えていけます。

★痛みが強い場合には無理せず頭痛薬を

人間にとって欠かせないのが免疫力で、それを高めてくれるのがリジンです。しかし残念ながら、鋭い痛みが出てしまったあとに、それを改善する目的でリジンを摂取したとしても、速やかに症状が改善されるわけではありません。

ヘルペスウイルスが関連する頭痛の中には、帯状疱疹による後頭神経痛であるケースも存在しています。この場合、リジンを摂取したからといって速やかに痛みを改善できるわけではなく、専門医の診察を受け、抗ウイルス薬により治療を受けるのがベストです。

帯状疱疹で発疹や痛みが出た場合には、発症後1週間以内を目安に、治療をスタートするのが望ましいとされています。この時期を過ぎると、完治までに非常に長い時間が必要となってしまうからです。


一度活性化してしまったウイルスを、自身の免疫力だけで抑え込むのは決して簡単ではありません。免疫力が低下しているからこそ、ウイルスが活性化しているのであって、それをサプリメントの働きだけで、再度抑え込むのは難しいと言えるでしょう。

だからこそ、いったん抗ウイルス薬でウイルスの働きを鈍化させた上で、リジンによる予防ケアを行うのがオススメの方法です。自身の免疫力が負けてしまうことがないよう、ケアしていきましょう。

食生活やストレスについて考えてみるのも大切


リジンは、人間の免疫力を高めるためのサポートをしてくれる栄養素です。「サプリメントでリジンを摂取していれば、それだけで全て大丈夫!」と思う方もいるかもしれません。

しかし実際には、免疫力はその他の要因によっても左右されます。「リジンサプリメントを継続摂取する」一方で、「免疫力低下につながる生活習慣」を続けていたとしたら、リジンの効果は半減してしまうでしょう。

免疫力に関連する要素としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 毎日の食事のバランス
  • 睡眠時間
  • 運動習慣
  • ストレスの有無

具体的には、日々の食事のバランスが乱れがちで、日常的に睡眠不足の方は、免疫力が低下している可能性も高いと言えます。日々の生活の中で運動する習慣がなく、また強いストレスを抱えているような人は、特に注意する必要があるでしょう。


1日3回の食事をバランスよく摂取すると共に、7~8時間の睡眠時間を確保できるよう意識してみてください。運動は、激しいものを取り入れる必要はありません。ウオーキングや軽いジョギング、ヨガなどでも十分ですから、気持ちをリフレッシュする意味でも、ぜひ取り入れてみてください。

また免疫力と関連が深いと言われているのがストレスです。ストレスが蓄積すると、免疫力は大幅にダウンしてしまいます。ストレスが蓄積する前に、上手に解消していくことも、免疫力を維持していくための秘訣と言えます。

免疫力低下を防ぎ、ヘルペスウイルスの活性化を予防し、頭痛の悪化を防いでいきましょう。

まとめ

偏頭痛や群発頭痛の中には、ヘルペスウイルスが関連しているものがあるということがわかってきています。辛い頭痛に「ウイルス」が関連しているなんて……驚く方も多いのではないでしょうか。ヘルペスウイルスは非常に感染力の強いウイルスで、家族間での感染も多いもの。幼少期にすでに感染している!という方も、決して少なくありません。「感染」の段階で予防するのは、非常に難しいと言えるでしょう。

一度感染すると、体の内部に住み着くようにとどまり続けるウイルスですが、免疫力を高く保つことができれば、ウイルスが再度暴走することは防げるでしょう。そのための切り札として使えるのが「リジン」で、実際にヘルペスウイルスが関連する「口唇ヘルペス」の予防目的で、積極的に摂取している方も少なくありません。

リジンで免疫力を高めることができれば、ヘルペスウイルスの活性化を予防することもできますし、それはそのまま、ヘルペスウイルスが関連する頭痛の予防にもつながります。辛い頭痛をなんとかしたい!と思っている方にとっては、非常に魅力的なようであると言えるでしょう。

リジンはもともと、日本人にとって不足しやすい必須アミノ酸の一種だと言われています。食生活の中で補給するのが難しい場合には、サプリメントの使用についても、積極的に検討してみると良いでしょう。毎日の習慣にすることで、免疫力を守ることにもつながります。

「頭痛対策として」のみでリジンを摂取しようと思うと、「その効果を実感しづらい」ということもあるかもしれません。しかしリジンには、「集中力アップ」や「肝機能のサポート」など、その他の効果も期待できます。また育毛効果に注目する方も少なくありません。こちらについても意識しながら、リジン摂取を継続してみてはいかがでしょうか。

タグ: , ,

リジン
リジンが集中力アップに効く!大人にも子どもにもオススメの理由とは?

仕事や勉強を効率よくこなしていくために、欠かせないのが「集中力」です。集中できないときには、何十分も …

リジン
リジンは妊娠中に飲んでも大丈夫?妊婦さんとリジンとの付き合い方を解説

妊娠中は、普段の体とは異なるもの。またお母さんが摂取するものが、赤ちゃんに対してダイレクトに影響する …

リジン
ミノキシジルの吸収率を高める「L-リジン」とは?発毛のため、積極的に摂取したい理由を解説

「育毛」や「発毛」に興味・関心をよせている方にとって、「どんな栄養素をどのような形で摂取するのが効率 …