シトルリンが持つ「睡眠の質」向上効果に注目!疲労回復効果を高めよう!

シトルリン

シトルリンは、近年注目されている栄養素です。スイカを含む、ウリ科の植物に多く含まれていて、人間の生活をさまざまな面からサポートしてくれています。特に筋トレや男性機能のアップなどで、注目される機会が増えてきています。

実はこのシトルリン、積極的に摂取することで、睡眠に関するメリットも得られることをご存知ですか?

何かと忙しい現代において、自分自身の睡眠に不満・不安を抱きながらも、「なんとなくそのままにしてしまっている……」なんて方も多いはずです。日常生活の中で「いろいろなことがうまくいかない」と感じたときには、実は「睡眠不足」が関連している可能性もあるでしょう。

こんなときには、ぜひシトルリン摂取について検討してみてください。シトルリンと睡眠との関連性について、わかりやすく紹介していきます。そのメリットに、注目してみましょう。

シトルリンが質の高い睡眠につながる理由


まずはシトルリンが、どのような形で「睡眠」とつながっているのか、チェックしてみましょう。シトルリンは、体内に摂取されるとオルニチン回路と呼ばれるサイクルの中で仕事をします。この回路の中でシトルリンがアルギニンへと変換されると、同時に一酸化窒素(NO)が生まれます。

この一酸化窒素は、体内で血管をしなやかに柔らかくする効果を持っています。血管が柔らかくなれば、自然に広がりやすくなり、その内部を通る血液の量は増えますし、その巡りも良くなります。シトルリン摂取によるメリットは、主にこの一酸化窒素によるもので、具体的に以下のような点が期待できます。

  • 筋力トレーニングの効率化
  • ダイエット効果
  • 疲れの蓄積の予防
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 各種コリ症状の解消
  • 動脈硬化など、生活習慣病の予防
  • 男性機能の向上

血管とは、人間が健康的な生活を送る上で、非常に重要な役割を果たすパーツです。血管の中を血液が流れ、酸素や栄養を運んでくれるからこそ、シトルリンには数多くのメリットが期待できるというわけですね。

シトルリンを積極的に摂取する目的は人それぞれですが、「男性機能の向上」や「効率よく筋力アップするため」、「それに伴うダイエット効果を期待して」という方が多いようです。そして実際に摂取していく中で、「まったく期待していなかったにも関わらず、睡眠の質が上がった!」と感じる方も少なくないのです。

なぜシトルリンを摂取すると睡眠の質が上がったように感じられるのかについてですが、具体的に以下のような特徴が関わっていると考えられます。

  • 冷え性が改善することで、スムーズに眠りにつける
  • 運動が楽しくなり、程よい疲れを実感できる
  • 疲れが蓄積し過ぎないことで、気持ち良く眠れる

いざ眠りにつこうとしても、手足がヒンヤリしていて、なかなか寝付けない!なんてことはありませんか? ベッドの中で、まずは手足を温めることが習慣になっている!なんて方も多いはずです。事前にシトルリンを摂取して血流を良くしておけば、辛い冷え性を改善することができます。冷えが気になりやすい冬場であっても、ベッドに入ってすぐにぐっすりと眠れる可能性も高くなります。

またシトルリンを摂取することで、運動パフォーマンスのアップや筋トレの効果を高める効果が期待できます。結果が出る運動に対して、「楽しい!」という気持ちを抱く方も多いはずです。こうした運動が習慣になれば、もちろん睡眠にも良い影響を与えてくれます。心地よい疲れの中で、気持ち良く眠れるのではないでしょうか。

ただし体が疲れすぎていると、筋肉の痛みや違和感で、かえって熟睡できなくなってしまうこともあります。シトルリンを摂取して血流が良くなると、筋肉中の疲労物質を回収するサイクルも、非常にスムーズに働くようになります。疲労感を溜めすぎないことも、シトルリンが快眠に結び付くポイントだと言えるでしょう。

シトルリンでの疲労回復はこんな人にオススメ


何かと忙しい現代人は、「睡眠負債」を抱えがちだと言われています。毎日少しずつ、睡眠不足が負債のように積み重なって、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。重大なトラブルにつながる前に、自身の睡眠習慣について、きちんと見直す必要があるでしょう。

とはいえ「睡眠」とは、個人差が大きいポイントでもあります。睡眠時間4時間でも、気持ち良く動ける人もいますが、8時間眠ってもまだ足りない……と感じる人もいます。単純に「時間」のみで、他者と比較するのが難しいポイントでもあるのですね。

自分の睡眠はどうなのだろう……と悩んだときには、ぜひ「睡眠スコア」に注目してみてください。睡眠スコアは、以下の6つの項目から算定されます。

  • 睡眠の持続時間(睡眠時間の合計)
  • 睡眠の深さ(睡眠全体の中で深い睡眠ができた時間)
  • 睡眠の規則性
  • 途中の覚醒
  • 眠るまでにかかった時間
  • ベッドから出るまでにかかった時間

これらの項目を正確に判断しようと思うと、専門機器も必要となります。「そこまでしなくても……」と思う場合には、自分自身の感覚で上の6つの項目についてチェックしてみてください。特に重要な項目となるのが、睡眠の持続時間と深さで、これらは自分でもチェックしやすいポイントとなります。

何時にベッドに入って何時に目覚めたのか、途中で覚醒してしまったかどうか、またそれぞれのタイミングで自分が感じたことを、忘れないうちにメモにしておくと良いでしょう。数週間分のデータを集めてみると、自身の睡眠の傾向が見えてくるはずです。

シトルリンを摂取するのがオススメなのは、以下の条件に当てはまる方々です。

  • ベッドに入ってから寝付くまでに時間がかかる
  • 朝スッキリと目覚められない
  • 途中で目が覚めてしまうことがある

自分自身の睡眠についてチェックしてみた上で、このような状況が気になるのであれば、シトルリン摂取を検討してみるのも良いでしょう。

「睡眠時間を長くするのは難しい」というときには、その「質」を高めることで、睡眠負債の積み重ねを避けることができるでしょう。冷えや疲労など、シトルリンで睡眠の質を低下させる要素を取り除いて、毎日ぐっすりと眠れる環境を整えてみてください。

成長ホルモンの分泌促進で疲労回復力を高めよう


先ほどもお伝えしたとおり、体内へと取り込まれたシトルリンは、アルギニンへと変換されます。このアルギニンが持つ作用の一つに、「脳の視床下部に働きかけて、成長ホルモンの分泌を促進する」というものがあります。

子どもが大きく成長するために欠かせない成長ホルモンですが、大人にとっても、非常に重要な役割を担っています。傷ついた細胞の修復や疲労回復は、この成長ホルモンの働きかけで行われる作業だからです。

さて、成長ホルモンが多く分泌されるタイミングとして挙げられるのが「睡眠中」です。しかし残念ながら、大人になるとその分泌量が徐々に低下していってしまいます。

子どものころ、「どれだけヘトヘトになっていても、一晩眠れば元気になっていた!」なんて感じる方も多いのではないでしょうか。これは成長ホルモンが盛んに分泌されており、傷ついた細胞の修復や疲労の回復がスムーズに行われていたからなのでしょう。大人になると、この流れがスムーズにいかず、「きちんと眠っているはずなのに、疲れを翌日まで持ち越してしまう」なんてことにもなりかねないのです。

眠る前にシトルリンを摂取すれば、それがそのまま、成長ホルモンの分泌促進につながっていきます。夜眠っている間の疲労回復がうまくできるようになれば、「朝起きた瞬間に、疲れが取れている」のを実感できることでしょう。

きちんと眠っているはずなのに疲れが取れない……と感じたときには、ぜひシトルリン摂取を検討してみてください。

毎日の食事から摂取することは可能なのか?


毎日の睡眠のリズムを整えたい!と思ったときにも、そのパワーを発揮してくれるシトルリン。睡眠は毎日の生活の中で行う自然な行動だからこそ、「シトルリンもできるだけ自然な形で取り入れたい」と感じる方もいるのではないでしょうか。普段「サプリメント」を摂取していない方にとっては、「薬」のようなイメージで、違和感を抱いてしまうこともあるかもしれません。

もともとスイカから発見されたシトルリンは、以下のような作物に多く含まれています。

  • スイカ
  • メロン
  • 冬瓜
  • キュウリ
  • へちま
  • ニンニク
  • クコの実

こうした食物の中で、もっともシトルリン含有量が多いのは、やはり「スイカ」です。100グラムあたり180ミリグラムのシトルリンが含まれています。

シトルリンの1日当たりの摂取目安量は、800ミリグラム程度とされています。シトルリンが多く含まれる「スイカ」の場合、400~500グラムを摂取して、初めてクリアできる数字となります。

もともとシトルリンは、スイカの実よりも皮の部分に多く含まれていて、皮まで食べることでより効率よく摂取することができますが、あまり現実的ではありません。また「夏はともかく、冬場のスイカが手に入りづらい時期は、いったいどう対応するのか」という問題にぶつかってしまいます。

メロンであれば、1日あたり1.5個食べれば摂取目安量をクリアできますが、キュウリだけでその数値を達成しようと思うと、なんと50本以上も食べなければいけません。

残念ながら、「毎日継続的に食べ物だけでシトルリン摂取目安量をクリアする」というのは、非常に難しくなっているのです。

だからこそ、より手軽にシトルリンを摂取するためにオススメなのが、サプリメントです。サプリメントであれば、シトルリンを手軽に、そして効率よく摂取できると共に、シトルリンと相性の良い、そのほかの栄養素も同時に摂取することができます。

たとえばシトルリンは、アルギニンと一緒に摂取することで、さらに効率よく働くことがわかっています。食事の中で「シトルリンとアルギニンを組み合わせるためには、○○と△△を一緒に調理して……」なんて、面倒なことを考える必要はありません。

シトルリンサプリメントは、「食品」ですから、「医薬品」ではありません。医薬品に対して不安を抱きがちな方も、食品であれば安心して摂取できるはずです。

現在人気が高まっているシトルリンサプリメントは、さまざまな目的に合わせて開発され、多くの栄養素と組み合わせて製品化されています。「ぐっすり眠りたい」という場合はもちろんのこと、「そのほかに、シトルリン摂取の目的がある」という場合にも、ピッタリの製品を選ぶことができます。

シトルリンで健康的な生活をとことんサポート


シトルリンは、私たちの生活を総合的にサポートしてくれる栄養素です。日本においては、もともと「医薬成分」として扱われていたシトルリン。法律の改正により「食品」として使用できるようになってから、まだそれほど時間が経過していないこともあり、まだまだ馴染みが薄いものとなっています。

一方で欧米各国においては、古い時代からシトルリンに関する研究・開発が積極的に行われてきました。シトルリンから生み出される一酸化窒素(NO)のメリットも充分に認知されていて、以下のような目的で比較的気軽に使用されています。

  • ちょっと疲れが溜まってしまったとき
  • 筋肉を発達させたいとき
  • 運動前のブースターとして

まさに人々の生活の、身近なところで活用されてきたのですね。

日本においても、こうした流れが徐々に進んできています。「眠っても、疲れがとれていない感じがする」といった「原因がはっきりしない、なんとなくの不調」を感じたときにも、ぜひ気軽に活用してみてください。

毎日の睡眠は、食事と並んで「健康の源」となるものです。「そういうものだから、仕方がないこと」として諦めていると、どんどん負債を積み重ねることにもなりかねませんから、ぜひ早めの対処を意識すると良いでしょう。

まとめ

「ぐっすり眠れない」「眠いのに、手足が冷えてなかなか寝付けない」という悩みは、なかなか周囲に理解されないもの。また「病院に行くまでもないし……」「誰に相談すれば良いのかわからない」といった不安を個人で抱える方も多く、結果として「問題を感じつつも、放置」という状態につながりかねないのです。

一日あたりの「負債」は小さなものでも、数か月、数年と積み重なっていくことで、その影響は非常に大きなものとなってしまいます。具体的にできる対策からスタートすることで、こうした問題を未然に防いでいきましょう。

体内で一酸化窒素を産出できるシトルリンは、血流改善、アルギニン生成により、睡眠の質向上にも多くのメリットをもたらしてくれます。辛い手足の冷えを解消し、スムーズな睡眠導入をサポートすると共に、成長ホルモンの分泌促進により、睡眠中の疲労回復効果を高めることができるでしょう。

もっとスッキリ眠りたいけれど、いわゆる「睡眠導入剤」などに頼るのはちょっと……と思う方にとって、シトルリンは心強い存在になってくれます。「食品」として気軽に摂取できますから、ぜひ日常生活の新たな習慣として取り入れてみてください。

もちろん、「睡眠の質を向上したい」という目的でシトルリンの摂取をスタートしたとしても、「辛いコリ症状の改善」や「動脈硬化の予防」など、そのほかのメリットを実感することも可能となります。まさにシトルリンは、「私たちの生活全体を強力にサポートしてくれるサプリメント」と言えますから、ぜひ摂取してみてはいかがでしょうか。

タグ: , ,

シトルリン
シトルリンで痛風対策!生活習慣の改善とサプリメントを取り入れよう!

現代人の中には、辛い痛風に悩まされている方も少なくありません。「風が吹いても痛い」なんて、強烈なフレ …

シトルリン
L-シトルリンはいつ飲むのが正解?効果時間は?シトルリン摂取で自信を身につけよう!

血管拡張作用が期待できるシトルリンは、古い時代から、欧米各国で注目を集めてきました。そして近年、日本 …

シトルリン
シトルリンで血圧を改善!健康診断で「高血圧」が疑われたらシトルリンを摂ろう!

何か体に良いことをスタートしたい!と思ったときには、サプリメントの摂取を検討する方も多いことでしょう …