辛い手足の冷え性を放置しない!アルギニン摂取で体内から徹底サポート!

その他のアミノ酸

夏場の強すぎる冷房で、辛い手足の冷えに悩まされている方も多いことでしょう。冷えが原因でストレスを抱いたり、夜の眠りが妨げられたりするようであれば、ぜひ積極的な対策を行うのがオススメです。

冷え対策といえば、「外から温める」「冷えないように注意する」といったアプローチをする方が多いかと思いますが、実は体の内側からアミノ酸によるサポートも可能であることをご存知ですか?

今回ご紹介するのは、アミノ酸の一種であるアルギニンです。アルギニンのオススメ摂取方法や、冷えのメカニズムにも注目し、冷え対策に有効だと言われる理由について解説していきます。

「手足の冷え」はなぜ引き起こされるのか?


日常的に手足の冷えに悩んでいる方は多いものですが、具体的に「なぜ自分が冷えに悩まされているのか」という点について、詳しく考える方は少ないものです。冷え性とは、どのような仕組みで引き起こされる症状なのでしょうか。

体に冷えをもたらす原因は、大きくわけて三つあります。

  1. 体内で充分な熱を作れていない
  2. 作られた熱を、手足の先端まで届けられていない
  3. 体内にうまく熱を蓄えられない

それぞれについて、詳しく解説していきます。

1. 筋力不足の人に多い「熱を作れない」タイプ


人間が健康的な生活を送っていく上で、欠かせないのが「熱」ですが、そもそも体の中で「熱」を生み出す力が弱い人も少なくありません。熱を発生させることができなければ、全身が冷えるのは当たり前のことだと言えるでしょう。

では具体的に、人間の体はどのようにして熱を生み出しているのかというと、その秘密は基礎代謝にあります。人間は生きていくだけでもエネルギーを消費し、その基礎代謝量は1日のエネルギー消費の60%~70%を占めていると言われています。

人間の体のパーツの中でも、特に基礎代謝が多いのが「筋肉」です。筋肉が多い人ほど「特別な運動をしなくても消費されるエネルギー量が多く、さらに発生する熱も多くなる」というわけですね。

冷え性に悩む人の割合は、男性よりも女性の方が多いと言われていますが、これは男性よりも女性の方が、全身の筋肉量が少ないことが関連しています。

特に普段の生活の中であまり運動しない人、最近筋肉の衰えが気になっている……なんて方は、こちらの原因により、辛い冷え性を発症している可能性があります。

2. 血管や自律神経に問題を抱える「熱を送れない」タイプ


筋肉量がある程度あり、体内でしっかりと熱を作り出せる人であっても、それを体の各パーツにまで送り届けられなければ、やはり冷え性になってしまいます。この問題に深く関わってくるのが、血管と自律神経です。

血管が硬くなり、血流が滞っている場合には、熱や酸素、栄養素など、体の各パーツにとって必要なものが送り届けられにくくなってしまいます。血流が悪くなる理由はさまざまですが、自律神経の乱れにより、こうした問題を抱える方も少なくありません。

血管の健康にあまり自信がない方や、普段の生活の中で自律神経の乱れを実感しやすい人、そして血流が滞りやすい手足の冷えが特に気になる場合には、こちらのタイプに当てはまっていないかどうか、確認してみるのがオススメです。

3. 体内に不要な水分を溜め込み「熱を貯められない」タイプ


体の中で熱が発生しても、それが逃げやすい状態では、やはり全身のパーツを温めることはできなくなってしまいます。このタイプに当てはまる人は、体内に余計な水分を溜め込んでいる可能性が高いです。

人間が生命維持していくためには、水分補給が欠かせません。一般的には、たくさんの水を摂取することは、体にとっても良いことだとされています。しかしこの水分が外部に排出されなければ、体の中にどんどん水分が溜まり、熱が逃げやすい状態になってしまいます。

また皮下脂肪が多い人も、熱が逃げやすい体質だと言われています。まずは余分な脂肪や水分を体から排出できる仕組みを整えることが、冷え撃退のポイントとなるでしょう。

手足の冷えが気になっているときには、これらの原因に思い当たる節があるはずです。気になるポイントから確実に改善していくことで、冷えに負けない体作りを進めていくことができます。

アルギニンの特徴と役割


冷え症改善のため、具体的な行動を起こしたい!と思ったときには、アルギニンを摂取するのがオススメです。アルギニンとは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、冷え撃退にも効率よく働いてくれることが分かっています。

まずはアルギニンの特徴についてですが、アルギニンは私たちの体を成長させるために使われています。タンパク質を構成するアミノ酸20種類の中には、別の物質から体内で合成することができる非必須アミノ酸と、合成することができない必須アミノ酸が含まれています。

アルギニンは非必須アミノ酸に含まれる種類ですが、実は体内で生成できる量は、非常に限られています。「生成することはできるものの、必要量を満たそうと思えば、やはり体外から積極的に摂取する必要がある」アミノ酸だと言えるでしょう。

さてそんなアルギニンを摂取すると、人間にとっては以下のようなメリットがあります。

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 血流改善
  • 疲労回復
  • 免疫力向上
  • 美容効果
  • 生活習慣病の予防

この中で、冷え性との関わりが特に深いのが、「成長ホルモンの分泌促進」と「疲労回復効果」、そして「血流改善効果」です。それぞれのメカニズムを、詳しく紹介していきます。

成長ホルモン分泌促進が冷え性の改善に良い理由

アルギニンには、脳下垂体という部位に働きかけて、成長ホルモンの分泌を促進させるという役割があります。成長ホルモンは、体を成長させるために必要なホルモンで、特に成長期の子どもに注目されるホルモンです。

しかし大人にとっても、この成長ホルモンは非常に重要な役割を果たしています。体が大きく成長することはなくなっても、細胞が傷ついたときには、それを修復したり新しくしたりする作業が必要となります。ここで役立つのが成長ホルモンなのです。

先ほど「冷え性の原因」について説明しましたが、「全身の筋肉量が少ないこと」が原因の場合、筋肉を発達させることが、冷え性撃退のためにもっとも効率的な方法となります。そして全身の筋肉を効率よく発達させるためには、成長ホルモンによるサポートが必須、というわけですね。

年齢を重ねると、やはり成長ホルモンの分泌量は低下してしまいます。ここをアルギニンでサポートすることにより、冷え性改善にもつながりやすくなるでしょう。

ただしこちらの効果を期待する場合には、単純にアルギニンを摂取するだけで効果を実感できるわけではありません。積極的な筋力トレーニングとセットで、アルギニンを摂取するのがオススメです。

疲労回復効果が冷え性にもたらす効果とは?

アルギニンには、肉体を疲れさせる原因物質であるアンモニアの発生を抑制する効果があるとされています。これはどういうことかというと、アルギニンを摂取することで、運動やトレーニングをしたときでも、疲れにくい体を手に入れることができる、ということです。

冷え性改善のためには、積極的な筋力トレーニングを実践するのがオススメですが、「疲れてしまうから嫌だ」と感じる方もいるでしょう。

こんな方にとっても、アルギニンは嬉しい効果をもたらしてくれるもので、ぜひ上手に活用してみてください。

血流を改善し、体の内側から冷えを撃退

アルギニンが冷え性に良いとされる理由、最後の一つは「血流」に関するポイントです。冷え性に悩まされている人の中には、きちんと熱を生み出す仕組みが整っているにも関わらず、それを体の各パーツへと送り届けられないことが原因で、辛い冷えに悩まされている人もいます。

体の各パーツに熱を届けるのは「血液」の仕事で、血液が流れる場所といえば「血管」です。実はアルギニンには、この「血管」を拡張させる効果が期待できます。

アルギニンは体内にて、「オルニチン回路」と呼ばれる回路の中で仕事をしています。アルギニンから別の物質へと変化する過程において、生み出されるのが一酸化窒素(NO)で、この一酸化窒素には、「血管に作用して強くしなやかな状態にしてくれる」という特徴があります。

硬く細くなった血管が柔らかくしなやかになることで、内部を通る血液の流れはスムーズになります。血管が広がって血流量が多くなれば、その分体の各パーツへと運べる酸素や栄養、熱の量も増えることになります。冷え性改善につなげていけることでしょう。

特に手足の先の毛細血管は、血流が滞っていることが原因で冷え性を発症しているケースも少なくありません。アルギニンを摂取することで、目に見えない部分から冷え性、そして全身の健康をサポートできる可能性があります。

「冷え症」を放置するのは危険!?


冷え性は、現代人にとって非常に身近な症状となっています。多くの人が悩まされていて、周囲から共感を得やすいこと、そして「辛いとはいっても、我慢できないほどではない」といった事情から、放置されやすい症状だと言えるでしょう。

エアコンによる空調が一般的になった今、冬だけではなく、一年を通じて冷え症状に悩まされる方も少なくないという現実があります。

とはいえ冷え性を放置するのは、あまりオススメできません。将来的に、以下のようなリスクが高まってしまう可能性もあります。

  • 生活習慣病
  • 免疫力の低下
  • 不妊症
  • 動脈硬化
  • 心臓病

冷え症状が起きているということは、体の中の仕組みに何らかの異常が発生している証拠でもあります。特に血流が阻害されている場合は、各種病気へのリスクが高まってしまいます。妊娠を希望しているカップルにとっては、血液の巡りがうまくいかないことが、問題の根本原因になっている可能性もあるのです。

また体温が1度低下すると、免疫力は30%以上も低下してしまうと言われています。普通の状態であればなんなく撃退できるはずのウイルスや細菌にも負けてしまうようになれば、日々の健康も脅かされてしまいます。

「冷えは万病の元」という言葉もあるとおり、「たかが冷え」と侮るのではなく、適切な対策を取ることが大切です。アルギニン摂取は、比較的手軽に実践できる冷え性対策の一つで、人間の体にとってそのほかのメリットも期待できます。非常に効率の良い方法だと言えるでしょう。

アルギニンを効果的に摂取する方法とは?


冷え性対策にアルギニンを摂取しようと思ったときには、できるだけ効率の良い方法で行うのがオススメです。アミノ酸の一種であるアルギニンは、日常の食べ物から摂取するのが一般的。アルギニンを豊富に含む食材としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ゼラチン
  • 湯葉
  • かつお節
  • 高野豆腐
  • 落花生
  • きな粉

アルギニンを豊富に含む食材は、決して少なくありませんが、「含有量が多い食品を」という目線で選ぼうとすると、毎日の普通の食事に活用するのが難しい食材も多くなってしまいます。豆腐などの大豆食品と、マグロやエビなどの魚介類、鶏肉や豚肉などの肉類をうまく組み合わせていくと良いでしょう。

それでも足りないときには、アルギニンサプリメントで補う方法をとるのがオススメです。非必須アミノ酸であるとはいえ、その実態は、限りなく必須アミノ酸に近いものであるアルギニンは、サプリメントとしても人気の品です。1日に1グラム~8グラムになるよう、調整しながら摂取してみてください。

またアルギニンは、オルニチン回路で働く際に、シトルリンと一緒に摂取すると効果的だと言われています。シトルリンは体内でアルギニンへと変換されますから、冷え性に関するサポートも、しっかり期待できることでしょう。

筋肉トレーニングを重視してアルギニンを摂取するのであれば、トレーニングの前後のタイミングを狙うのがオススメです。成長ホルモンの分泌を促進させたいときには、就寝前に摂取すると良いでしょう。継続的に摂取して、体から冷えを撃退してみてください。

まとめ

辛い冷え性に悩まされながらも、「仕方がないことだから」と受け入れ、ただひたすらに我慢している方は、少なくありません。とはいえ、どれだけ外側から一生懸命温めても、すぐに芯から冷え切ってしまう手足に、ストレスを抱いている方も多いはずです。思い切って体の内側から「体質」を変えていくことで、より快適な生活に近付けていけるのではないでしょうか。

辛い冷え症状には、体の中の筋肉や血管が関わっているケースも多いもの。栄養素で筋肉や血管をサポートすることが、効果的な冷え性対策になる可能性もあります。

アミノ酸の一種であるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進することで筋肉の発達を促し、そしてオルニチン回路において発生する一酸化窒素(NO)で血流をサポートしてくれます。総合的な冷え性対策ができる栄養素として、非常に注目を集めています。

「アミノ酸」と聞くと、「体を鍛えたい方向け」「男性向け」といった印象を抱く方も多いかもしれませんが、もともとは人間の体に必要不可欠なもので、さまざまな面から健康をサポートしてくれます。冷え性対策にもつながりますから、ぜひアルギニンを積極的に摂取してみてください。サプリメントであれば、手間なく継続できるでしょう。


安心して使えるオススメの日本製アルギニンサプリメント

アルギニン皇帝王は1日あたり1000mgのアルギニンを摂ることができる優れものです。実はアルギニンは固まりづらい性質を持つため、あまり国産のサプリメントはないのですが、アルギニン皇帝王は高い技術力を持つ日本の工場で製造されています。

アルギニンの他にも、スッポンやマカ、黒にんにく、亜鉛などの活力素材が配合されていますので、手足の冷えにお悩みの方や、なんだか最近元気が出ないという方に特にオススメの製品です。

さらに今なら2本以上セットで購入すると通常より700円もお得です!

アルギニン皇帝王

公式販売サイトで定期的に開催されるセールやメルマガクーポンなどを活用することでさらにお得に購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

安心できる日本製のアルギニンサプリメント!

タグ: , ,

その他のアミノ酸
寒暖差による体調不良にはトリプトファン!アミノ酸で自律神経を整えよう!

季節の変わり目には、何かと体調を崩しやすい……と感じている方も多いのではないでしょうか。季節が移り変 …

その他のアミノ酸
日本人に不足しやすいアミノ酸の種類とは?摂取のコツもご紹介!

アミノ酸は、人間の体を構成し、健やかに保つために必要不可欠な栄養素です。 体内で合成することが可能な …

シトルリン
積極的に摂取したい人気アミノ酸とは?アミノ酸ランキングベスト5をご紹介!

アミノ酸にはさまざまな種類があり、それぞれが異なる役割を担っています。近年では、アミノ酸の役割に注目 …